LinuC認定者 2万人突破!(2018年7月時点)

Linux技術者のスタンダードな資格として重要性が高まっています!

受験者マイページにログインすることで、有意なLPIC認定者なら【無料で】LinuC取得できます

教育機関・法人にとっての
LinuC(リナック)の価値

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCは、資格試験の漏えい対策に真剣です

LPI-Japanは、不正な手段で技術力を証明しようとする行為、またそれを助長するような行為には、徹底した対応をとって参ります。
入札案件の応募条件に資格保有者数が明示されることもある日本においては、試験問題がインターネットを通じて不正に取得できるような状況は決して認めることができません。
したがってLPI-Japanは不正流出に強い資格試験として「LinuC」を自ら開発しました。仕組みとして不正流出に強いだけでなく、自分たちで開発・提供することで仮に流出が起きたとしても素早いリカバリができるなど、二重三重の対応ができるようにしています。

LinuCは、多くの企業からの支持を頂いている認定資格です

LinuCは、LPI-Japanのプラチナスポンサーに名を連ねる大手IT企業だけでなく、LPI-Japanのビジネスパートナーアカデミック認定校のほか数多くの企業の現場での活用が始まっています。

LinuCは、社員育成の達成度測定に使えます

LPI-Japanは、資格試験は合格・不合格の結果を確認するだけでは無く、自分の技術力の向上に役立ててほしいと考えています。
そのためLPI-Japanが提供する「受験者マイページ」では、受験者それぞれが自分の合否を確認することはもちろんのこと主題(テーマのこと)単位での正答率を合格基準と合わせて確認することができます。社員の主題ごとの正答率の達成度合いを確認することで、企業内での社員育成の内容見直しに役立てることができます。
また主題単位で正答率を合格基準と合わせて確認できることは、万が一受験者が不合格になった場合にも受験者自身がその振り返りにつなげることができます。

LinuCは、日本企業の商慣習に合わせた購入が可能です

企業が社員教育などにLinuCを活用しやすくなるよう、「受験チケット(バウチャー)のまとめ買いを対象とした特別割引」「請求書による後払い」など日本の一般的企業の商慣習に則ったお取引に対応しています。

Linux技術者認定資格LinuC(リナック)とは

ページトップへ