LinuC取得を推進する企業インタビュー

NTTデータが語るエンジニア像とその育成
「旗を揚げる」ことの大切さとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社NTTデータ エグゼクティブ・エンジニアリング・ストラテジスト 濵野 賢一朗さん(写真中央) 株式会社NTTデータ 人事育成担当部長 俣木 淳哉さん(写真左) 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-JAPAN) 理事長 鈴木 敦夫(写真右) 現在、エンジニアを取り巻く環境は大きく変わろうとしている。その一例がオンプレミスからクラウドへの急速なシフトである。このような状況下のエンジニアには、従来の知見を活かしつつ、最新技術を積極的に身につける意識が求められている。

では、システムインテグレーションにおいて日本最大の技術者集団であるNTTデータは、これからの技術者像をどのように描き、育成を図ろうとしているのだろうか。NTTデータの技術者育成のキーパーソンにインタビューを実施し、今後求められるエンジニア像を明らかにしていきたい。

インタビュアーはLPI-Japan理事長の鈴木敦夫氏である。LPI-Japanは、Linux技術を中心に仮想化、コンテナやパブリッククラウドなどを扱う場合にも必須の技術を盛り込んだクラウド・DX時代の技術者認定であるLinuC(リナック)をはじめ、さまざまな認定試験の提供を通じて技術者育成に注力している。

NTTデータの技術者育成における3つの柱

話を伺ったのは、NTTデータのトップ技術者で技術者をリードする立場にあるエグゼクティブ・エンジニアリング・ストラテジストの濵野賢一朗氏、技術者を育成する立場にある人事育成担当部長の俣木淳哉氏の2名だ。濵野氏は、ビッグデータ処理のオープンソースソフトウェア(OSS)「Apache Hadoop」事業を立ち上げたことでも知られている(以下、敬称略)。

LPI-Japan鈴木敦夫氏(左)、NTTデータ濵野賢一朗氏(中央)、NTTデータ俣木淳哉氏(右)

鈴木本日はよろしくお願いします。濵野さん、俣木さん、最初に自己紹介をお願いします。

濵野私は2009年にNTTデータに中途入社しました。以前からLinuxやオープンソースの教育に携わっておりました。古くはLinux技術者育成の社会人向け教育機関の学校長を務めたこともあり、OSSの技術者を増やしたいという思いを持っています。NTTデータでは、専門性の高い技術者による横断的なプロジェクト支援や、ミドルウェアやシステムアーキテクチャに関する技術開発に取り組んでいます。

俣木私は銀行系SIのプロジェクトやOSSを活用した開発を経て、現在は技術革新統括本部で全社の技術者育成を担当しています。特に、デジタル人材育成のためのトレーニング・プログラム運営に力を入れており、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Google Cloud Platformなどのパートナーとも連携し、幅広く活動しています。技術者が新たな技術を身につけるのは大変なことですが、顧客からは新技術の適用を求められています。今年度は6,000名を超える技術者にトレーニングに参加いただいており、やりがいを感じています。

鈴木ありがとうございます。新しい領域に対応できるように、すでにさまざまな取り組みをされているのですね。最初に基本的なことについてお尋ねしたいのですが、技術者を育成するときに最も大事だと思っていることは何ですか?

濵野大きく3つあります。1つは、技術者なので当然ではありますが、ソフトウェアやハードウェアなどの技術の中身がわかっていることが大事です。課題を実現・解決するために必要な技術力を持っていることは大前提と言えるでしょう。2つ目は変化への対応力です。いまや「この分野の技術しかわかりません」という人材は厳しいです。また同じ技術でも、使われ方が変わってきたりしていることも背景にあります。

エンジニアとして「旗を揚げる」ことの大切さ

3つ目は、人材流動性が上がってきているので、技術者として「旗を揚げられる」ことも大事です。昔は「プログラマーやSE」をひとくくりにする傾向がありましたが、今はフロントエンドとバックエンドで要求されることが大きく異なるなど、より具体的な専門に分けられるようになっています。そのため、自分がどの分野で力を持っているかを発信し、周囲に認知されることが求められます。

鈴木旗を揚げるというのはおもしろい表現ですね。具体的にはどんなイメージですか。人材のタイプによって職種とか肩書をつけたりしている会社も多いと思いますが、そういったことと旗を揚げることは違いますか?

濵野違いますね。従来だと(例えばC++、Pythonを習得しているなど)「これが使える人」レベルがスキル要件となっていました。しかし、現在はより具体的に「xxを使ってxxができる人」「xxの性能向上を実現できる人」などスキルの解像度が上がっています。旗を揚げる力というのは、職種レベルからさらに掘り下げて、「より具体的に何ができて」「何に関心を持っているか」「何に取り組んでいるか」を示せる具体性が必要になっていると考えます。たとえば、社内外で普段取り組んでいることや、得た知見を技術ブログなどに書き溜めて発信している人がいますが、外から見てわかりやすい旗の揚げ方だと思います。

鈴木なるほど。LPI-Japanではオープンテクノロジーのキャリアマップというさまざまな技術者タイプにとり有効な認定をマップ化したものを提供していますが、技術者の方がどんな技術者になりたいかを考えるきっかけにしてほしいと考えています。旗を揚げる手助けになればうれしいです。技術者が自分の旗を揚げるというのは、変化が激しい時代への対応力ともいえそうですが、そうした環境のなかで、新しいモノに追随していくためにはどのようなことをすればいいでしょうか?

濵野各技術者のキャラクターに依存するところが大きいですね。自分自身が好奇心にあふれていて、新しいテクノロジーが登場したら「取りあえず触ってみよう」と考えられる人であれば、自然とできているでしょう。ただし、そうでもない人ももちろんいます。そこで重要なのは、新しいことにどんどん取り組んでいたり、深く突き詰めている人達と接点を持っておくことです。

なぜなら普段から彼らの話を聞いていることで、そのうちに自分も触ってみようと感じるようになるからです。そのためには、技術者仲間に恵まれるような環境を自ら作ることが大事です。その意味で、社内での関係構築はもちろん、コミュニティが存在するオープンソースなどは良い機会をくれるでしょうね。

鈴木外との関係性を意図的に作ることが重要ということですね。では、技術の中身をわかっていて、新しいモノへ興味を持つ柔軟性を備え、旗を揚げられるような人材を、NTTデータはどのように育成しようとしているでしょうか。

俣木技術革新統括本部が運営する技統本塾という取り組みがあります。これは、NTTデータのトップ技術者(塾長)から直接指導を受けることができる施策で、塾長・塾生間で議論したり、自由に使える環境で手を動かして検証したりもできます。また、ベンダーやOSSコミュニティと連携して問題を解決する経験も大事にしています。原理原則を教えた上で、そこからは自律的に解決できる能力を磨いてもらいたいと考えています。とはいえ、そのような経験を得る際に1人ではつまずくことも多くあります。そのような時にトップ技術者などと連携できる環境があるのは、NTTデータの恵まれているところです。

NTTデータの「技統本塾」を説明する俣木氏

NTTデータにおけるLinuC活用によるエンジニア育成

鈴木なるほど、塾という仕組みとして育成環境を整えているのですね。
新人時代からの教育も重要だと思いますが、新人教育ではどんな取り組みをしていますか? そのなかで、Linuxのスキルを高めるために、技術者認定であるLinuCにも取り組んでいると聞いています。

俣木新人向けのオンボードプログラムを用意しています。約2週間の期間で、インフラ技術者であればコマンドを覚えてもらうところから始め、ハンズオンで構築・問題解決の基礎を習得した後、OJTに入ります。

LinuCについては客観的に技術力を示せる取り組みとして推奨しており、技術者のモチベーションになっています。先ほどの旗を揚げるということにもつながると考えています。

鈴木昨今はオープンテクノロジーが世の中を引っ張っています。そうした技術を学ぶことの重要性についてどのようにお考えですか?

LinuCレベル1受験の最大のメリットは、やはり合格者の自信につながった点ですね。最初から資格という明確な目標を設定するので取り組みやすく、さらにLinuCの場合、次のステップ(レベル2、レベル3)が明確にあるので、「一つクリアしたら、またその次をめざす」という良い循環が生まれています。

濵野ブラックボックスになってしまっているものよりも、中身が見えて理解できるテクノロジーが重要です。その意味でLinuxはUNIXの思想を引き継いでおり、最適な素材だと考えています。目的を絞った洗練された小さいツールが用意されていて、パイプやリダイレクトなどで組み合わせて、大きな処理を実現する……、多様な入出力もファイルシステムを通じて実現する……といった点ですね。これらの考え方は、現在重要性が高まっているマイクロサービスのアーキテクチャにもつながっており、広く応用可能な思想だと考えています。

高度技術者にはソースコードやシステムコール、ライブラリコール、パケットキャプチャ、スレッドダンプなどを読みこなせることが求められます。それはオープンだからこそ自在にできることです。また、NTTデータはシステムインテグレーションが生業(なりわい)なので、各テクノロジーをどう組み合わせられるか、そのときの可用性や信頼性はどうなるかを検討・評価でき、インターオペラビリティ(相互接続性)が担保されているかを確認し、全体として機能するシステムを作るといった力が必要です。その意味でも、それぞれの中身がしっかり理解でき、検証できるということは重要といえます。

鈴木やはり、オープンの世界にはUNIXの特徴が影響しているのですね。1つ1つの部品が正規化され、無駄のないソフトウェアができあがっているという世界観を学んだ人と、学んでいない人では差が出るのではないかと感じます。育成の立場で工夫していることはありますか?

俣木コロナ禍によるテレワークの普及で、Teamsなどを使ったコミュニティを形成しやすくなりました。600人規模の人数が参加するコミュニティ上で技術情報を共有し、スキルアップを図る取り組みを実施するなど、仕組みの構築に努めています。

鈴木なるほど、オープンな技術だから中身がわかり、技術についてフラットに議論でき、ネットワークを介してオープンに技術者がつながって成長していくということですね。

本日、さまざまなお話をいただいたように、Linuxを通じて技術を学ぶことが、技術者として大切な考え方の基本を学ぶことに自然につながるということかと思います。

濵野さんをはじめとする多くの技術者の皆さんのご協力により、2020年4月にはLinuCの試験範囲を改訂しました。皆さんとの議論を通してLinuxだけに閉じることなく、今必要とされる技術にフォーカスしたものになり、多くの企業で採用が広がっています。ここでLinuCを取得することの意義についてご意見をお聞かせください。

濵野われわれの職場では業務でLinuxをガンガン使いますが、しかし、それだと業務でやっていることしか学べません。オンプレミスの技術者はオンプレミス、クラウドの技術者はクラウドで使う機能に閉じてしまうといった具合です。

その点LinuCの試験に向けて準備すると、体系的な学習ができるため、現在のプロジェクトを離れて次のプロジェクトに移っても活用できる幅広い知識が身につきます。それがLinuC学習の最大のメリットだと考えています。勉強している最中は「こんなの使わないなあ」と思ったりしても、後でそれが役立ったりするわけです。

俣木社員教育をしていますと「資格だけじゃ役に立たない」といった意見を聞くことも確かにあります。しかし、体系的な学びから得られるものも多いですし、資格によって自分の能力を客観的・対外的に示せることも重要だと考えています。

新たなLinuC レベル3が導く未来とは?

鈴木全体のイメージを持った上で基礎を知っていると新たな気付きがあったり、その後の新しい技術も学びやすくなりますし、いろいろ見えてくるということですね。視野が広がっていくことで自分自身として揚げたい旗が見えてくるのかもしれません。LinuCのレベル1、レベル2はLinuxをベースに今の時代に必要な技術要素を盛り込み、すべてのIT技術者に身に付けて欲しい基礎力を証明できる認定と考えています。

濵野世の中から求められる課題にトップ技術者として専門スキルを提供するには、基礎がしっかりしていることが大事です。特に、いろいろなツールを空気のように使いこなせる必要があります。当たり前のことができており、それを示すことが重要です。目の前の仕事は移り変わっていくものと考えると、認定という確固とした力を次のステップへの原動力にするといいと考えます。

NTTデータでは、新入社員に少なくともLinuCのレベル2までは取得するように勧めています。並行して、現場配属後の新人が実務的なコマンドの使い方を学ぶなかで、たとえば、プロセスについて「なぜこれは階層構造になっているのか、親子関係があるのはなぜか」「なぜフォークという仕組みで子プロセスを生成しているか」「子プロセスは親プロセスのなにを引き継いでいるのか、引き継がないものはなにか」などと、訊いたりしています。そうすることで、LinuCで学んだ知識をさらに生きたものとして習得できるのです。

鈴木現在検討中の新たなLinuC レベル3は、より高度な専門技術をアーキテクチャの観点で使いこなせる技術者を想定しています。ITの現場ではシステムをアーキテクチャとしてまとめられ、全体を価値に変えられる人が求められています。新たなレベル3にどんなことを期待していますか。

濵野従来のLinuCはウェブサーバ、セキュリティなど個々の要素にフォーカスしていた印象があります。もちろんサーバ構築技術や運用管理技術を身につけることはとても大事ですが、それぞれは単独で動いているわけではなく、有機的につながってシステムが構成されています。

現在クラウドを活用するなかで、スケーラブルで高信頼なシステムの作り方が以前とは変わってきています。以前は、一部のアーキテクトで時間をかけて作り込んだ設計を実装していくという流れが主流でした。現在は、多様なコンポーネントを組み合わせて、目的にかなったシステムをスピード感をもって組み立てられる技術者が、これまで以上に求められています。これが目指すべき姿のひとつと言えるでしょう。

その意味でLinuC レベル3では、各コンポーネントの理解に加え、システムアーキテクチャに関するデザインパターンやベストプラクティスが理解できているか、各システムの実現にはどの方法やアイデアを使えばいいか、そのときにどのような点に留意すべきか、などが求められていくのが望ましいでしょう。

これからは技術者のアイデアドリブンで世界が変わる時代に

鈴木最後に、これからの技術者の方向性についてお尋ねします。私は技術者の未来は明るいと思っています。かつてソフトウェアはハードウェアを動かすための付録のように考えられる時代もありました。今はソフトウェアが表に出てきており、新たな価値を発揮しています。

濵野確かに技術者の未来は明るいと感じます。従来は社会のニーズが先にあって、ITを使ってそれをどう実現するかといった順番でした。それが次第に、ディープラーニングなどに代表されるように、先進技術が登場してきて、それをどう取り込んでビジネスや社会に変革させていくか…… という順番になっているものも多くなっています。つまり、技術者は言われたものを作るというだけでなく、これからは自分の手で世の中の可能性を広げられる時代になるということです。

俣木今、ITは、どんな業種・業態のビジネスであってもコアになり、技術の価値は相対的に上がってきているので、私も技術者の未来は明るいと思っています。日々新しい技術が登場し、それらをビジネスに適用させていくことが求められていますので、技術者は新しい技術を学び続けることが重要になってきています。

学び続けるために大切なのが原理原則を学ぶことだと私は思っています。LinuCのレベル1/レベル2で基礎を学んで、LinuC レベル3でアーキテクチャという広い知識を身につけていくのは良い選択肢かなと思っています。なので、我々としてはLinuCの認定取得をしっかり推進していきたいと思います。

鈴木コンピュータはもともと、発見を感じワクワクしながら使いこなせるものでした。そうした明るい見通しがあれば、なおさら技術者にとって将来は希望を持てるものになりそうですね。濵野さん、俣木さん、本日は貴重なお話をありがとうございました。

「学び続ける技術者の未来は明るい」で一致した鈴木氏、濵野氏、俣木氏

このインタビュー記事は、オリジナルとしてThink ITに掲載された記事を転載した記事となります。

2021年3月12日 掲載
『NTTデータが語るエンジニア像とその育成「旗を揚げる」ことの大切さとは?』

ページトップへ