LinuC取得を推進する企業インタビュー

NTTテクノクロス株式会社様 事例
『3つの認定が我々の強み』
日経Linux 2022年1月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

3つの認定が我々の強み

「LinuC/OPCEL/CKAの3つの認定でクラウド技術者の育成を推進しています。」
NTTテクノクロス株式会社 デジタルツイン事業部 第三ビジネスユニット 鷲坂 光ー 氏

我々が主に携わっているクラウド構築や運用・保守業務を進める上では、クラウド技術者として必要なLinuxサーバ技術、OpenStack技術、Kubernetes技術を身につけた技術者集団であることが大きな強みになります。認定を得ることは、技術者にとっても自身の知識を深め、技術を確実にするために非常に重要です。社内では有識者が講師となった技術研修や発表会なども行っており、これからも全技術者が研鑽し、常に高い技術を提供できるよう努めていきます。

花上 尚人 氏 2011年入社
LinuCレベル3 304(2020年取得)
認定取得のための学びを通じて、全体的に体系立てて理解が深まり、問題発生時の解析などが効率よく実施できるようになりました。

中山 康二 氏 2003年入社
OPCEL (2019年取得)
業務で得た知識やスキルを試すため、認定試験に挑戦。自信を持ちました。実務であまり使っていないコンポーネントを学べたのが収穫です。

平川 裕弥 氏 2013年入社
Kubernetes管理者認定/CKA(2021年取得)
多くの技術を輻広く身につけるため、様々な認定資格に挑戦しています。CKAは実技がメインなので、学びながら身につけることができました。

ページトップへ