LinuC取得を推進する企業インタビュー

株式会社HTKエンジニアリング様 事例
『仮想化/クラウド領域の最先端で活躍する』
LinuCとKubernetesの認定で、応用力を発揮できる技術者を育成します。
日経Linux 2022年3月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

『仮想化/クラウド領域の最先端で活躍する』
LinuCとKubernetesの認定で、応用力を発揮できる技術者を育成します。

「お客様のサービスのライフサイクルを最新の技術で支える」
株式会社HTKエンジニアリング サポートビジネス部 
中川 元樹 氏

当社はシステム開発からサポートまでワンストップのソリューションを提供しています。近年は仮想化/クラウド領域の需要に応えられるよう、「CKA」「CKAD」の取得促進を開始。また、20年以上前からLinuxの将来性に注目しており、「LinuC」認定取得は新人研修に組み込んでいます。これらの推奨資格は祝金や資格手当の対象とし、資格挑戦意欲を支えています。私達の使命は、お客様が提供するサービスを確実に支えること。確かな知識と技術で貢献できる技術者を育てていきます。

サポートビジネス部 中川 元樹 氏 
CKA(2021年取得)2009年入社

CKA認定に挑戦するなら、コンテナ概念の学習とDockerの操作を経験した後でKubernetes環境を触っていくと理解しやすいと思います。

第一フィナンシャル課 土屋 克典 氏
LinuCレベル3 304(2019年取得)2019年入社

入社した年にレベル3の認定まで進みました。LinuCを学習することで、サーバ構築から運用、管理までの技術に通じることができます。

アプライアンス開発課 金谷 和哉 氏 
CKAD(2021年取得) 2016年入社

業務でコンテナ技術を活用しており、学んだ内容が役立っています。お客様の求めに対し、さらに一歩先を提案できる技術者を目指します。

ページトップへ