Linux豆知識 257

サードパーティー

このエントリーをはてなブックマークに追加

「サードパーティー」とは、英語で「第三者」を意味します。
あるメーカーが開発したハードウェアもしくはソフトウェアなどを対象として、それに付属するハードウェアや対応したソフトウェアなどを提供するメーカー・組織を指します。

たとえば、あるディストリビューターが提供するLinuxディストリビューションがあるとき、そのディストリビューション向けのソフトウェアを提供する組織を「サードパーティー」と呼びます。
また、特定のソフトウェアの付加機能をアドオンとして提供する場合にも「サードパーティー」という表現が使われます。

「サードパーティー」の扱いについては注意を要する場合があります。
サードパーティーが作成したソフトウェアは上手くインストールしないとシステムが誤作動する場合もあります。
一方で十分に動作検証が行われており、運用に欠かせないというものもありますので、サードパーティー製のソフトウェアを利用する際には、十分な調査を行った上で利用するようにしてください。


ページトップへ