LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.12システムのセキュリティ

2.12.2OpenSSH サーバーの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は202試験の試験範囲から「2.12.2 OpenSSH サーバーの設定と管理」についての例題を解いてみます。
ユーザやグループ毎のSSH接続設定を行う方法について取り上げています。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

/etc/ssh/sshd_configの設定について、誤っている説明をひとつ選択してください。

  1. Match User ユーザ名 の設定を記述すると、ユーザ毎のSSH接続設定を行うことができる。
  2. Match Group グループ名 の設定を記述すると、グループ毎のSSH接続設定を行うことができる。
  3. Match Local IPアドレス の設定を記述すると、LISTENするIPアドレス毎のSSH接続設定を行うことができる。
  4. Match Host IPアドレス の設定を記述すると、接続元IPアドレス毎のSSH接続設定を行うことができる。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. Match Local IPアドレス の設定を記述すると、LISTENするIPアドレス毎のSSH接続設定を行うことができる。」です。

/etc/ssh/sshd_config に Match の設定を記述すると、指定した条件に一致した時だけのSSH接続設定を行うことができます。

例えば、特定のユーザのSSH接続設定を行う場合は下記のように設定します。

Match User user00
    ChrootDirectory /home/chroot
    ForceCommand internal-sftp

上記のように設定を行った場合、ユーザ user00 でSSH接続すると、/home/chrootが仮想ルートディレクトリとなり、SSH接続がsftpだけに限定されます。

同様に特定グループや接続元IPアドレスのSSH接続設定を行うことも可能です。

  • 特定グループのSSH接続設定
    Match Group g100
     :
  • 特定の接続元IPアドレスのSSH接続設定
    Match Host 10.0.0.1
     :
  • 特的のLISTENするIPアドレスのSSH接続設定
    Match LocalAddress 172.16.0.1
     :
  • 特定の接続先ポート番号のSSH接続設定
    Match LocalPort 10022
     :

例題について解説します。

  1. Match User ユーザ名 の設定を記述すると、ユーザ毎のSSH接続設定を行うことができる。
    →正しい説明です。
  2. Match Group グループ名 の設定を記述すると、グループ毎のSSH接続設定を行うことができる。
    →正しい説明です。
  3. Match Local IPアドレス の設定を記述すると、LISTENするIPアドレスIPアドレス毎のSSH接続設定を行うことができる。
    →誤った説明です。
     LISTENするIPアドレス毎のSSH接続設定は Match LocalAddress IPアドレス の設定が必要です。
  4. Match Host IPアドレス の設定を記述すると、接続元IPアドレス毎のSSH接続設定を行うことができる。
    →正しい説明です。

ユーザやグループ等の条件指定によるSSH接続設定の方法を把握し、SSHをより便利に使用できるようになりましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

ページトップへ