LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.08システム管理

1.08.1アカウント管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuC 102試験の試験範囲から「1.08.1 アカウント管理」についての例題を解いてみます。
ユーザアカウントの作成に必要なコマンドについて確認しておきましょう。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

新規のユーザアカウント「user」を作成する際に、ホームディレクトリを「/home/newuser」、プライマリグループを「newlinuc」に指定する場合のコマンドで正しいものを一つ選択してください。

  1. useradd -d /home/newuser -g newlinuc user
  2. useradd -d /home/newuser -G newlinuc user
  3. useradd -s /home/newuser -G newlinuc user
  4. useradd -s /home/newuser -g newlinuc user

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. useradd -d /home/newuser -g newlinuc user」です。

useradd はユーザアカウントを新規に作成するためのコマンドです。

useraddコマンドの主なオプションは以下の通りです。

-d [ディレクトリパス]… ホームディレクトリを指定します
-g [グループ名/GID] … プライマリグループを指定します
-G [グループ名/GID] … プライマリグループ以外にユーザアカウントが所属するグループを指定します
-s [ログインシェル] … ログインシェルを指定します
-u [UID] … ユーザIDを指定します

よって正解は「1. useradd -d /home/newuser -g newlinuc user」となります。

1.useradd -d /home/newuser -g newlinuc user
→正解です
-dオプションでホームディレクトリを指定し、-gでプライマリグループを指定しています。

2.useradd -d /home/newuser -G newlinuc user
→誤りです
-Gオプションはプライマリグループ以外の属性グループを指定する際のオプションです。すでに[newlinuc]というグループが存在する場合に、選択肢のコマンドを実行した場合の例は以下の通りです

# useradd -d /home/newuser -G newlinuc user
# id user
uid=1002(user) gid=1004(user) groups=1004(user),1003(newlinuc)

このようにユーザアカウント「user」は「user」というグループと「newlinuc」というグループに所属することになります。

3.useradd -s /home/newuser -G newlinuc user
→誤りです
-sオプションはログインシェルを指定する際のオプションです。
また、選択肢2でも解説したように、-Gオプションはプライマリグループ以外の所属グループを指定する際のオプションです。

4.useradd -s /home/newuser -g newlinuc user
→誤りです。
選択肢3でも解説したように、-sオプションはログインシェルを指定する際のオプションです。

新規ユーザアカウント追加時のオプションについて理解し使えるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本知里

ページトップへ