LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題1.04リポジトリとパッケージ管理

1.04.4RPMパッケージ管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は101試験の試験範囲から、「1.04.4 RPMパッケージ管理」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

特定のパッケージを更新することが可能なapt-getのサブコマンドを選択してください。

  1. install
  2. update
  3. upgrade
  4. dist-upgrade

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「1. install」です。

Debian系のOSでは、dpkgと呼ばれるパッケージ管理のシステムが存在します。このdpkgをより便利に利用するために、APT (Advanced Packaging Tool) と呼ばれるフロントエンドが開発されました。

dpkg単体では、管理者が必要なパッケージを全てシステム上に配置して、dpkgコマンドでインストールやアップデートの作業を行う必要がありました。1つのソフトウェアを動作させるために必要なパッケージが多ければ多いほど、この作業は大変なものになります。

APTの大きな特徴は、上記のdpkgの不便な点を改善している点です。APTはシステムの一部として、ソースファイルと呼ばれるパッケージの一覧を使用します。

[ソースファイル例:/etc/apt/sources.list ]

deb http://http.us.debian.org/debian stable main contrib non-free
deb http://non-us.debian.org/debian-non-US stable/non-US main contrib non-free
deb http://security.debian.org stable/updates main contrib non-free

APTは、このソースファイルに含まれるURLなどの情報から、パッケージの参照やダウンロードなどの操作を行ないます。

apt-getは、APTに含まれるコマンドのひとつです。主にパッケージのインストールやアップデートなどの操作を行うためのコマンドです。apt-getの主な使い方は以下の通りです。

apt-get install [パッケージ名]  … [パッケージ名]に指定したパッケージをインストールまたは更新する
apt-get remove [パッケージ名]  … [パッケージ名]に指定したパッケージを削除する
apt-get purge [パッケージ名]   … [パッケージ名]に指定したパッケージを、設定ファイルを含めて削除する
apt-get update               … パッケージ一覧を更新する
apt-get upgrade   … システムにインストールされているパッケージを全て更新する
apt-get dist-upgrade        … ディストリビューションを更新する

例題にある「特定のパッケージを更新することが可能」なサブコマンドは「install」です。
そのため選択肢1が正解になります。

選択肢2のupdateは、パッケージの一覧を更新するためのサブコマンドで、パッケージの更新は行ないません。このサブコマンドは、installやupgradeを行う前に実行します。

選択肢3のupgradeは、システム全体のパッケージの更新に利用します。特定パッケージの更新はできません。

選択肢4のdist-upgradeは、ディストリビューションの更新に利用します。例えばDebian 8からDebian 9への更新に利用します。

システムを管理していると、ソフトウェアの更新は頻繁に発生する作業になります。パッケージ管理システムのコマンドを間違えると予期せぬ問題が発生する可能性があります。
操作方法をよく覚えて、安全に作業ができるようにしましょう。


例題解説者

株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ