LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.04システムの保守と運用管理

2.04.4リソース使用状況の把握

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuC 201試験の試験範囲から「2.04.4 リソース使用状況の把握」についての例題を解いてみます。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

sarコマンドを使うことで得られる情報として正しいものを2つ答えてください。

  1. sar -q を実行することで、CPUのロードアベレージの推移を確認できる。
  2. sar -W を実行することで、メモリの使用率の推移を確認できる。
  3. sar -u を実行することで、CPUの使用率やI/O待ち率の推移を確認できる。
  4. sar -r を実行することで、スワップイン/スワップアウトのページ数の推移を確認できる。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは1 と 3 です。

それぞれの選択肢を見ていきましょう。

1. sar -q を実行することで、CPUのロードアベレージの推移を確認できる。
正しいです。
以下は、sar -q を実行すると表示される項目の説明です。

  • runq-sz  実行キューの長さ(実行待ちプロセス数)
  • plist-sz  タスクリストのタスク数
  • ldavg-1  過去1分間のシステムのロードアベレージ
  • ldavg-5  過去5分間のシステムのロードアベレージ
  • ldavg-15  過去15分間のシステムのロードアベレージ
  • blocked  I/O待ちのためブロックされているタスクの数

なお、ロードアベレージは実行可能・実行中または割り込み不可の状態のタスクの平均の数です。

2. sar -W を実行することで、メモリの使用率の推移を確認できる。
間違いです。sar -W で確認できるのは、スワップイン/スワップアウトのページ数の推移です。
メモリの使用率や推移を確認するには、「sar -r」コマンドを実行します。
以下は、sar -r を実行すると表示される項目の説明です。

  •  kbmemfree 物理メモリの空き容量(キロバイト)
  •  kbmemused 使用中の物理メモリ(キロバイト)
  •  %memused  物理メモリ使用率
  •  kbbuffers カーネル内のバッファとして使用される物理メモリ(キロバイト)
  •  kbcached  カーネル内でキャッシュ用メモリとして使用されている物理メモリ(キロバイト)
  •  kbcommit  現在のワークロードに必要なメモリ(キロバイト)
  •  %commit  現在のワークロードに必要なメモリの割合(RAM +スワップ)
  •  kbactive  最近使用され、通常は必要でない限り再利用されないメモリ(キロバイト)
  •  kbinact  最近使用されておらず、他の目的のために再利用可能なメモリ(キロバイト)
  •  kbdirty  ディスクに書き戻されるのを待っているメモリー(キロバイト)

3. sar -u を実行することで、CPUの使用率やI/O待ち率の推移を確認できる。
正しいです。
以下は、sar -u を実行すると表示される項目の説明です。

  • %user   ユーザーレベル(アプリケーション)で実行中に発生したCPU使用率の割合
  • %nice   優先度の高いユーザーレベルで実行中に発生したCPU使用率の割合
  • %system  システム・レベル(カーネル)で実行中に発生したCPU使用率の割合
  • %iowait  システムがディスクI/O要求を処理している間に、1つ以上のCPUがアイドル状態だった時間の割合
  • %steal   ハイパーバイザーが別の仮想プロセッサーを処理している間に、仮想CPUまたはCPUが不本意に待機するのに費やした時間の割合
  • %idle   CPUまたはCPUがアイドル状態で、システムに未処理のディスクI/O要求がなかった時間の割合

4. sar -r を実行することで、スワップイン/スワップアウトのサイズの推移を確認できる。
間違いです。sar -r で確認できるのは、メモリの使用率の推移です。
スワップイン/スワップアウトのサイズの推移を確認するには、「sar -W」コマンドを実行します。
以下は、sar -W を実行すると表示される項目の説明です。

  • pswpin/s  1秒間にスワップインしているページ数
  • pswpout/s 1秒間にスワップアウトしているページ数

sar コマンドのオプションと出力内容の意味を把握しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 後藤慎司

ページトップへ