LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.10電子メールサービス

2.02.1ファイルシステムの設定とマウント

このエントリーをはてなブックマークに追加

は201試験の試験範囲から、「2.02.1 ファイルシステムの設定とマウント」についての例題を解いてみます。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

sshdサービスの自動起動を設定するコマンドを選択してください。

  1. systemctl enable sshd.service
  2. systemctl start sshd.service
  3. systemctl sshd on
  4. systemctl is-enabled sshd.service

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「1. systemctl enable sshd.service」です。

Linux上のサービスの管理は、SysV initが担っているのが一般的でした。しかし昨今では、Systemdを採用したディストリビューションが増えてきています。
Systemdが採用されているシステムでは、systemctlコマンドを使ってサービスの管理を行います。
Systemdによって管理されているサービスを、管理者が操作するために、systemctlというコマンドが用意されています。

systemctlの主な使い方は以下の通りです。

* sshdサービスを起動する
systemctl start sshd.service

* sshdサービスを停止する
systemctl stop sshd.service

* sshdサービスを再起動する
systemctl restart sshd.service

* sshdサービスの自動起動を有効にする
systemctl enable sshd.service

* sshdサービスの自動起動を無効にする
systemctl disable sshd.service

* sshdサービスのステータスを表示する
systemctl status sshd.service

* sshdサービスの稼働状況を表示する
systemctl is-active sshd.service

* sshdサービスの自動起動設定を表示する
systemctl is-enabled sshd.service

* サービスの状態一覧を表示する
systemctl list-units

その他の選択肢の解説は以下のとおりです。

2. systemctl start sshd.service
これはsshdサービスを起動するためのコマンドです。

3. systemctl sshd on
systemctlコマンドはこのように使用することはできません。

4. systemctl is-enabled sshd.service
これは、自動起動設定の状態を表示するためのコマンドです。

SysV initからSystemdへの変更に伴って、今まで当たり前だったサービスの管理方法が、大きく変わりました。Systemdを採用しつつも、従来のSysV initの起動ファイルも利用できるディストリビューションが多いですが、今後に備えてSystemdを使ってサービスを管理できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ