LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.08システム管理

1.08.1アカウント管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuC 102試験の試験範囲から「1.08.1 アカウント管理」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

新規のユーザアカウント「linuc」を作成する際に、プライマリグループ「lpi」への所属を指定する場合の正しいコマンドを選択してください。

  1. useradd -G lpi linuc
  2. useradd -g lpi -u linuc
  3. useradd -g lpi linuc
  4. usermod -G lpi linuc

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは3. useradd -g lpi linuc」です。

ユーザアカウントを新規作成するには、useraddコマンドを使います。
usermodコマンドは、既存のユーザアカウントを変更する際のコマンドなので、「4. usermod -G lpi linuc」は誤りです。

useraddコマンドの主なオプションは以下の通りです。

-u [UID] … ユーザIDを指定します
-d [ディレクトリパス] … ホームディレクトリを指定します
-g [グループ名/GID] … プライマリグループを指定します
-G [グループ名/GID] … プライマリグループ以外にユーザアカウントが所属するグループを指定します
-s [ログインシェル] … ログインシェルを指定します

-Gオプションはプライマリグループ以外の所属グループを指定する際のオプションなので、「1. useradd -G lpi linuc」は誤りです。
-uオプションはユーザIDを指定する際のオプションなので、「2. useradd -g lpi -u linuc」は使い方が誤っています。


例題作成者

株式会社デージーネット 管理部技術管理課 森久恵

ページトップへ