LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題390OpenLDAP の設定

390.1OpenLDAPのレプリケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 300試験の試験範囲から「390.1 OpenLDAPのレプリケーション」についての例題を解いてみます。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

LDAPサーバのマスタ/スレーブレプリケーション構成について、正しい説明を選択してください。

  1. マスターサーバだけがLDAP参照・更新を行うことができる。
  2. スレーブサーバだけがLDAP参照・更新を行うことができる。
  3. マスタサーバとスレーブサーバの両方がLDAP参照・更新を行うことができる。
  4. マスタサーバとスレーブサーバの両方がLDAP参照を行うことができ、マスタサーバだけがLDAP更新を行うことができる。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4. マスタサーバとスレーブサーバの両方がLDAP参照を行うことができ、マスタサーバだけがLDAP更新を行うことができる。」です。

LDAPサーバは、ひとつのLDAPサーバに行われた更新を他のLDAPサーバにも同期するレプリケーションを構成することができます。
LDAPレプリケーションの機能を使用すれば、LDAPデータの冗長化、LDAPサービスの負荷分散等を行うことができます。

LDAPのレプリケーションには下記の構成があります。

マスタ/スレーブ構成
マスタサーバだけが更新の要求を受け付けます。
マスタサーバが更新要求を受け付けると、その更新内容をスレーブサーバにも反映する方法でプリケーションを行います。
スレーブサーバは参照要求に応えることはできますが、更新要求に応えることはできません。
スレーブサーバを複数台配置することで、参照用LDAPサーバの負荷分散を実現することができます。

マルチマスタ構成
複数のマスタサーバを配置する構成です。
マスタサーバが更新要求を受け付けると、その更新内容を別のマスタサーバにも反映する方法でレプリケーションを行います。
複数のマスタサーバがお互いに更新内容を同期します。

例題の選択肢について解説します。

  1. マスタサーバだけがLDAP参照・更新を行うことができる。
    誤った説明です。
    LDAP参照は、マスタサーバとスレーブサーバの両方とも行うことができます。
  2. スレーブサーバだけがLDAP参照・更新を行うことができる。
    誤った説明です。
    LDAP更新は、スレーブサーバは行うことができません。
  3. マスタサーバとスレーブサーバの両方がLDAP参照・更新を行うことができる。
    誤った説明です。
    LDAP参照は、マスタサーバとスレーブサーバの両方が行うことができますが、LDAP更新はマスタサーバだけしか行うことができません。
  4. マスタサーバとスレーブサーバの両方がLDAP参照を行うことができ、マスタサーバだけがLDAP更新を行うことができる。
    正しい説明です。

LDAPレプリケーションにおけるマスタサーバ、スレーブサーバの役割を把握して、LDAPレプリケーションについて正しく説明できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

ページトップへ