LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題1.02ファイル・ディレクトリの操作と管理

1.02.2基本的なファイル管理の実行

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuC 101試験の試験範囲から「1.02.2 基本的なファイル管理の実行」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

/home/user/test.txtというファイルが存在する状態で、/home/userディレクトリを削除するためのコマンドを選択してください。

  1. rmdir /home/user
  2. rmdir -r /home/user
  3. rm -i /home/user
  4. rm -r /home/user

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「4. rm -r /home/user」です。

rmコマンドは、ファイルやディレクトリを削除するためのコマンドです。
-rオプションを指定することで、サブディレクトリやファイルも含め、再帰的にディレクトリ全体を削除することができます。

「1. rmdir /home/user」はディレクトリを削除する際のコマンドですが、rmdirで削除ができるのは空のディレクトリの場合のみです。今回は/home/user配下にtest.txtファイルが存在するので、この選択肢は適切ではありません。
rmdirでディレクトリを削除したい場合は、予めディレクトリ内にあるサブディレクトリやファイルを削除してから実行する必要があります。

「2. rmdir -r /home/user」については、rmdirコマンドに-rオプションは存在しないため、適切ではありません。

「3. rm -i /home/user」は、答えの「4. rm -r /home/user」と同じくファイルやディレクトリを削除するrmコマンドですが、削除したいディレクトリ配下にサブディレクトリやファイルが存在しない場合でも、-rオプションをつけないとディレクトリを削除することはできないので注意が必要です。オプション無しのrmコマンドで削除ができるのは、ファイルのみです。
選択肢にある-iオプションは、削除する前にユーザに確認をするためのオプションですので、適切ではありません。

ファイル操作を行う上で、想定した通りにディレクトリやファイルの作成・削除ができるように、コマンドとオプションはよく理解しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット 技術部技術管理課 森久恵

ページトップへ