LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題393Sambaの共有の設定

393.3プリントサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 300試験の試験範囲から「393.3 プリントサービス 」についての例題を解いてみます。

このテーマは、CUPS連携を含むSambaのプリントサーバ機能に関する内容が問われます。smb.confにおいては複数のセクションやパラメータが利用されるので、整理して覚えることが学習のコツです。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

CUPSを利用した印刷システムをSambaにて設定をしたい。 
空欄に入るsmb.confのパラメータ名はどれか。

 [global]
 (          ) = cups
  1. printer
  2. printing
  3. print
  4. printable

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「 2.printing」です。

CUPS(Common Unix Printing System)とはUNIX系OSにおける印刷システムであり、WindowsやMacOS向けのプリンタをLinuxを含むUNIX系OSで利用可能にするなどの機能を持っています。
※詳細は、https://www.cups.org/

CUPSをSambaと連携させて使用する場合、Sambaの設定ファイルであるsmb.confの[global]セクションにおいて以下のように設定します。

[global]
load printers = yes
printing = cups
printcap name = cups

smb.confでは印刷に関連したものとして、[printers]セクションで利用するプリンタに関する設定、[print$]セクションでプリンタドライバの自動ダウンロード設定などを行います。

以下のリンクでは、その設定例が紹介されています。
http://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/s1-samba-cups.html

また、Sambaでは設定パラメータが非常に多く存在しますが、印刷に関連するものとしては「print」や「printer」などのワードが含まれるものを中心に確認すればよいでしょう。
http://www.samba.gr.jp/project/translation/4.0/htmldocs/manpages/smb.conf.5.html


例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ