LinuCレベル3 304試験の例題と解説

334.2 ロードバランスクラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は304試験の試験範囲から「334.2 ロードバランスクラスタ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.2 ロードバランスクラスタ>
重要度 6

<説明>
LVSのインストール、設定、保守、トラブルシュートについて知っている。
keepalived と ldirectordの設定と使用についても含む。
HAProxyのインストール、設定、保守、トラブルシュート以上のことができる。

<主要な知識範囲>
・LVS / IPVSの理解
・VRRPの基本知識
・keepalivedの設定
・ldirectordの設定
・バックエンドサーバのネットワーク設定
・HAProxyの理解
・HAProxyの設定

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ipvsadm
・syncd
・LVS フォワーディング (NAT, Direct Routing, Tunneling, Local Node)
・接続スケジューリングアルゴリズム
・keepalived 設定ファイル
・ldirectord 設定ファイル
・genhash
・HAProxy 設定ファイル
・ロードバランスアルゴリズム
・ACL


■例題

ロードバランスクラスタの解説として間違っているものを選びなさい。

1. LVS(Linux Virtual Sever)はLinuxカーネルの機能を利用している
2. LVSクラスタの設定はsyncdコマンドを使って行う
3. LVSはディレクターの仮想IPアドレス宛のアクセスをリアルサーバに転送する
4. リアルサーバの死活監視を行うためにkeepalivedやldirectordを利用する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは2. LVSクラスタの設定はsyncdコマンドを使って行う です。

LVS(Linux Virtual Sever)は、Linuxを使ってロードバランシングを行う際に主に使用されるシステムです。LVSはLinuxカーネルの機能であるIPVS(IP Virtual Server)を利用しています。

LVS(正確にはIPVS)の設定はipvsadmコマンドを使って行います。

LVSクラスタは、負荷分散を行うディレクターと、転送されてきたパケットを実際に処理するリアルサーバで構成されますが、ディレクターがいわゆる単一障害点(SPOF)になるという問題があります。
そこでディレクターを冗長化し、ディレクターの負荷分散の状況を待機しているディレクターに同期させる役割を担うのがsyncdです。同期することで、動作していたディレクターに障害が発生しても、代わったディレクターが負荷分散処理を引き継ぐことができます。

LVSは仮想IPアドレス宛のパケットをリアルサーバに負荷分散しますが、リアルサーバに障害が発生すると転送しても正しく処理できません。そこでkeepalivedやldirectordをLVSと組み合わせて利用し、リアルサーバの死活監視を行う構成が一般的です。リアルサーバに障害が発生すると、keepalivedやldirectordが当該サーバをLVSの負荷分散先から外す処理を行います。また、リアルサーバが復旧するとLVSクラスタに復帰させる処理も行ってくれます。

■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

ページトップへ