LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.02ファイルシステムとストレージ管理

2.02.2ファイルシステムの管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は201試験の試験範囲から、「2.02.2 ファイルシステムの管理」についての例題を解いてみます。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

XFSの解説について正しいものを選択してください。

  1. XFSはファイルシステムのサイズを後から拡大できる
  2. XFSはファイルシステムのサイズを後から縮小できる
  3. XFSでファイルシステムのサイズを拡大するコマンドはmkfs.xfsである
  4. XFSでファイルシステムのサイズを縮小するコマンドはxfs_repairである

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「1. XFSはファイルシステムのサイズを後から拡大できる」です。

XFSは、xfs_growfsコマンドで、ファイルシステムのサイズを後から拡大することができます。
xfs_growfsコマンドの使い方は以下の通りです。

xfs_growfs [オプション] マウントポイント

主なオプションとしては、[-D サイズ]が存在します。このオプションで、指定のサイズまでファイルシステムを拡大することができます。

それぞれの選択肢について解説します。

「2. XFSはファイルシステムのサイズを後から縮小できる」

XFSでは、後からファイルシステムのサイズを縮小することはできません。
そのためこの選択肢は誤りです。

「3. XFSでファイルシステムのサイズを拡大するコマンドはmkfs.xfsである」

mkfs.xfsは、XFSファイルシステムを作成するためのコマンドです。
拡大するためのコマンドではないため、この選択肢も誤りです。

「4. XFSでファイルシステムのサイズを縮小するコマンドはxfs_repairである」

xfs_repairはXFSファイルシステムを修復するためのコマンドです。
またXFSではそもそもファイルシステムの縮小ができないため、この選択肢は誤りです。

ファイルシステムの拡大は、クラウド環境などディスクサイズを後から増やすことができる環境では、よく利用します。使い方や特徴をよく覚えて、使えるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ