LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題330仮想化

330.5Libvirt および関連ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuC 304試験の試験範囲から「330.5 Libvirt および関連ツール」についての例題を解いてみます。
今回はvirshによるゲストOSの自動起動について取り上げます。また、自動起動設定と実際の設定ファイルとの関係についても覚えましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

"virsh autostart ドメイン名"でゲストOSを自動起動するように設定した際、自動起動するゲストOSの設定ファイルはどこのディレクトリに配置されるか正しいものを選択してください。

  1. /etc/libvirt/qemu/
  2. /etc/libvirt/qemu/autostart/
  3. /etc/libvirt/qemu/networks/
  4. /etc/libvirt/qemu/networks/autostart/

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2./etc/libvirt/qemu/autostart」です。

/etc/libvirt/qemu配下のゲストOSやネットワーク定義ファイル関連の説明をまとめると以下のようになります。

/etc/libvirt/qemu/ ゲストOSを定義するファイルが配置されるディレクトリ
/etc/libvirt/qemu/autostart/libvirtd起動時に起動させるゲストOSを定義するディレクトリ
/etc/libvirt/qemu/networks/仮想ネットワークを定義するファイルが配置されるディレクトリ
/etc/libvirt/qemu/networks/autostart/libvirtd起動時に起動させる仮想ネットワークを定義するディレクトリ

さらにそれぞれのディレクトリについて説明します。

/etc/libvirt/qemu/
ゲストOSを登録すると、"/etc/libvirt/qemu/ドメイン名.xml"というファイルが作成されます。この形式のファイルが、それぞれのゲストOSの定義ファイルとなります。

/etc/libvirt/qemu/autostart/
ゲストOSを自動起動するようにすると、"/etc/libvirt/qemu/autostart/ドメイン名.xml"というファイルが作成されます。
このディレクトリに、.xmlという形式で登録されているゲストOSが自動起動の対象となります。ファイルの内容は、"/etc/libvirt/qemu/ドメイン名.xml"と同じです。

/etc/libvirt/qemu/networks/
仮想ネットワークを作成すると、"/etc/libvirt/qemu/networks/ネットワーク名.xml"というファイルが作成されます。この形式のファイルが、それぞれのネットワークの定義ファイルとなります。

/etc/libvirt/qemu/networks/autostart/
仮想ネットワークを自動起動するようにすると、"/etc/libvirt/qemu/autostart/networks/ネットワーク名.xml"というファイルが作成されます。
このディレクトリに、.xmlという形式で登録されているネットワークが自動起動の対象となります。ファイルの内容は、"/etc/libvirt/qemu/networks/ネットワーク名.xml"と同じです。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部 徳武 竜太

ページトップへ