LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.09重要なシステムサービス

1.09.3メール転送エージェント(MTA)の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuC 102試験の試験範囲から「1.09.3 メール配送エージェント(MTA)の基本」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

一時的に保存された、送信待ちのメールを確認するためのコマンドを選択してください。

  1. mailq
  2. newaliases
  3. mail
  4. qmail

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「1. mailq」です。

送信先メールサーバが停止している、宛先がDNSで検索できなかったなどの理由で、すぐに配信することができなかったメールは、メールキューに保存されます。
保存されたメールは一定時間後に再送され、その際にメールを配信することができれば、メールキューから取り除かれます。
手動で再送することもできます。
mailqコマンドを実行することで、メールキューの内容を表示することができます。

その他の選択肢について解説します。

「2. newaliases」
newaliasesコマンドは、/etc/aliasesに設定した転送設定を反映するためのコマンドです。
MTAはメール転送の際に/etc/aliases.dbというエイリアスデータベースを参照します。
/etc/aliasesファイルに転送内容を記述し、その設定をnewaliasesコマンドで/etc/aliases.dbへ反映します。

「3. mail」
mailコマンドは、コマンドラインでメールを送信したり、受信メールを確認するためのコマンドです。
コマンドの実行方法は以下の通りです。

mail [<オプション>..] [宛先メールアドレスもしくはユーザ名]

主なオプションの説明は以下の通りです。

-s [件名] … メールの件名を指定します
-c [cc] … Ccで送るメールアドレスを指定します
-b [bcc] … Bccで送るメールアドレスを指定します

オプションは無しでも実行できます。
宛先にメールアドレスではなくユーザ名のみを指定すると、ローカルシステムのユーザ宛てにメールを送ります。
引数無しでmailコマンドを実行すると、メールボックスの受信メールを確認できます。

「4. qmail」
qmailはコマンドではなく、SMTPサーバの機能を持つソフトウェアです。


例題作成者


株式会社デージーネット 技術部技術管理課 森久恵

ページトップへ