LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.09重要なシステムサービス

1.09.2システムのログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は102試験の試験範囲から、「1.09.2 システムのログ」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

logrotateの設定項目の意味として誤っているものを選択してください。

  1. weeklyは、ログのローテート周期を一週間毎にする設定である
  2. compressは、ログをローテートした後に、gz形式で圧縮する設定である
  3. dateextは、ログをローテートした後に、ファイル名に日付の情報を付与する設定である
  4. createは、ログファイルが存在しない場合に作成する設定である

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「4. createは、ログファイルが存在しない場合に作成する設定である」です。

ログファイルは、システムの情報を残す重要なファイルです。ただいつまでも情報を残しておくと、一つのファイルが巨大化して、参照が困難になったり、ファイルシステムを圧迫する原因となります。
そのためログファイルは、定期的にローテーションしておくのが一般的です。

ログのローテーションを行う仕組みとして、よく利用されるのはlogrotatedです。
設定は「/etc/logrotate.conf」または「/etc/logrotate.d/」配下にファイルを作成して行います。

主な設定項目は以下の通りです。

rotate        …    ローテーションする世代数を設定する
daily        …    ログファイルを日毎にローテーションする
weekly        …    ログファイルを週毎にローテーションする
monthly        …    ログファイルを月毎にローテーションする
size        …    ログファイルが指定したサイズ以上になった場合にローテーションする
dateext        …    ローテーション後のファイル名に日付を付与する
compress    …    ローテーション後のファイルをgz形式で圧縮する
create        …    ローテーション後に空ファイルを作成する
            以下の形式で、作成するファイルの権限を決められる
            create [権限] [オーナ] [グループ]
missingok    …    ログファイルが存在しない場合も、エラーとしない
notifempty    …    ログファイルが空ならローテーションしない
ifempty        …    ログファイルが空でもローテーションする

上記の通り、logrotatedは、ログのローテーションに関わる設定を柔軟に行うことができます。
システムに合わせて、ローテーションの頻度やタイミングを変えられるよう、設定方法を覚えておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ