LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.07ネットワーククライアント管理

2.07.3LDAPクライアントの利用方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は202試験の試験範囲から「2.07.3 LDAPクライアントの利用方法」についての例題を解いてみます。
LDAPサーバにアクセスするためのLDAPクライアントについての設問です。LDAPデータ追加、更新等のユーティリティの種類と用途を覚えておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

LDAPサーバに接続するためのLDAPユーティリティの説明のうち、誤っているものを1つ選択してください。

  1. ldapsearch は、LDAPサーバに登録されているデータを検索することができる。
  2. ldaplist は、LDAPサーバに登録されているデータを一覧表示することができる。
  3. ldapadd は、LDAPサーバにデータを追加登録することができる。
  4. ldapdelete は、LDAPサーバに登録されているデータを削除することができる。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2. ldaplist は、LDAPサーバに登録されているデータを一覧表示することができる。」です。

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)は、ディレクトリサービスにデータ登録を行ったり、登録されているデータを参照したりするためのプロトコルです。登録データの検索や参照が高速であるという特徴から、メールやRADIUSサービスのアカウント情報を管理するためのデータベースとしてよく利用されます。

LDAPプロトコルを利用するシステムは、LDAPサーバとLDAPクライアントから構成されます。
LDAPクライアントでは、C言語やPHP等のプログラミング言語のライブラリ、コマンドラインからLDAPサーバに接続するためのユーティリティ等を使用することができます。

主に使用されるLDAPコマンドラインユーティリティを照会します。

ldapsearch
LDAPサーバに登録されているデータを検索するためのユーティリティです。
LDAP検索フィルタを指定すると、フィルタにマッチするLDAPデータを一覧表示することができます。

ldapadd
LDAPサーバにデータを登録するためのユーティリティです。
LDIF形式のデータを指定して、LDAPサーバにデータを登録します。

ldapdelete
LDAPサーバに登録されているデータを削除するためのユーティリティです。
LDAPサーバから、指定したLDAPデータを削除することができます。

ldapmodify
LDAPサーバに登録されているデータを変更するためのユーティリティです。
ldapaddと同様にLDIF形式のデータを指定して、LDAPサーバに登録されているデータを変更します。

例題の選択肢を解説します。

1.ldapsearch は、LDAPサーバに登録されているデータを検索することができる。
正しい説明です。

2.ldaplist は、LDAPサーバに登録されているデータを一覧表示することができる。
誤った説明です。
ldaplistというユーティリティはありません。
LDAPサーバに登録されているデータを一覧表示するには、ldapsearchを使用します。

3.ldapadd は、LDAPサーバにデータを追加登録することができる。
正しい説明です。

4.ldapdelete は、LDAPサーバに登録されているデータを削除することができる。
正しい説明です。

LDAPの操作を円滑に行えるようになるために、LDAPコマンドラインユーティリティの種類とその用途を確認しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

ページトップへ