LinuCレベル3 300試験の例題と解説

390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は300試験の試験範囲から「390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング>
重要度     2

<説明>
LDAPサーバのパフォーマンスを測定し、設定ディレクティブを調整できること。
    
<主要な知識範囲>
    LDAPのパフォーマンスを測定する
    パフォーマンスを向上させるためソフトウェアの設定を調整する
    インデックスを理解する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
    インデックス
    DB_CONFIG

■例題
OpenLDAPのインデックスのオプションの説明として適切なものを選択してください。

1. presは、近似値の検索のインデックスを作成するオプションである
2. subは、文字列の部分一致検索のインデックスを作成するオプションである
3. eqは、値の存在を検索する場合のインデックスを作成するオプションである
4. approxは、値の完全一致検索のインデックスを作成するオプションである

※この例題は実際の試験問題とは異なります。
 


解答と解説

答えは「2. subは、文字列の部分一致検索のインデックスを作成するオプションである」です。

OpenLDAPは、データの検索を高速化するためのインデックスを作成することができます。
インデックスは、olcDbIndexという属性で管理されています。
olcDbIndexの書式は以下の通りです。

olcDbIndex:  属性名のリスト   オプション[,オプション..]

上記のオプションの箇所にeq, sub, pres, approxのオプションを設定します。
オプションはカンマ区切りで複数指定可能です。
それぞれのオプションの意味は以下の通りです。

pres   値の存在を検索する場合のインデックスを作成する
sub    文字列の部分一致検索のインデックスを作成する
eq     値の完全一致検索のインデックスを作成する
approx 近似値の検索のインデックスを作成するオプションである

OpenLDAPの検索の効率化を行うには、上記のインデックスを適切に設定することが
必要です。ldapsearchコマンドなどで検索を行った場合に、ログにインデックスの情報も出力されます。

インデックスが使われない検索には「not indexed」のログが出力されます。
多く使われる検索条件で、「not indexed」が出ていないかを事前に確認しておきましょう。


■例題作成者 株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ