LinuCレベル1 Version 4.0 102試験の例題と解説

108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は102試験の試験範囲から、「108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本>
重要度 3

<説明>
一般的に使用可能なMTAプログラムについて理解し、クライアントホストで転送とエイリアスの基本的な設定を行える。その他の設定ファイルについては対象外となる。

<主要な知識範囲>
・電子メールのエイリアスを作成する
・電子メールの転送設定をする
・一般的に使用可能なMTAプログラム(postfix、sendmail、qmail、exim)について知っている(設定は含まない)

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・~/.forward
・sendmailエミュレーション層のコマンド newaliases
・newaliases
・mail
・mailq
・postfix
・sendmail
・exim
・qmail

■例題
ソフトウェアの機能の解説として正しいものを選択してください。

1. postfixはSMTPサーバの機能を有している
2. sendmailはIMAPサーバの機能を有している
3. qmailはPOPサーバの機能を有している
4. eximはメールクライアントである

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「1. postfixはSMTPサーバの機能を有している」です。

postfix/sendmail/qmail/eximは、すべてSMTPサーバの機能を持つソフトウェアです。
SMTP(Simple Mail Transfer Prococol)は、メールを転送するためのプロトコルです。
上記のソフトウェアはこのSMTPを利用して、クライアントからのメールを、別のメールサーバに転送するMTA(Mail Transfer Agent)として機能しています。

POPやIMAPは、クライアントがメールを受信するためのプロトコルです。
例題に挙げたソフトウェアは、このプロトコルの機能は持っていません。
このような機能を持つソフトウェアとして、代表的なソフトウェアとして、DovecotやCourier-IMAPが挙げられます。

メールは当たり前に利用しているサービスですが、配送から受信まで複数のソフトウェアとプロトコルが関わっています。どこにどんなソフトウェアやプロトコルが使われているのか確認しておきましょう。

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ