LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題1.05ハードウェア、ディスク、パーティション、ファイルシステム

1.05.2ハードディスクのレイアウトとパーティション

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、LinuC 101試験の試験範囲から「1.05.2 ハードディスクのレイアウトとパーティション」についての例題を解いてみます。
今回は、各種パーティションの用途について学んでみましょう。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

とあるサーバを構築するために設計をしています。
そのサーバは大量のログファイルを保存することを想定しています。
このとき、どのパーティションに多くのディスク容量を割り当てればよいか、以下の選択肢から選択してください。

  1. /boot
  2. /home
  3. /var
  4. swap

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. /var」です。

Linuxではディスクをパーティションで区切ることができます。パーティションの用途はそれぞれ異なり、サーバがどのように使用されるかによって割り当てる容量を変えます。
以下に主なパーティションとその役割ついて記載します。

パーティション     役割
/bootシステムを起動するために必要なカーネルやinitrdなどの静的なファイルが配置される
/ファイルシステム階層の第一階層で、その他の下位の階層(/usrや/optなど)がマウントされる
/homeユーザのホームディレクトリ用
/usr基本的なコマンドやアプリケーション用
/varログやスプール(メールやプリンタの一時ファイル)や動的ファイル等の格納用
/tmp一時ファイル用
/optサードパーティのソフトウェア用
swapメモリのスワップ用(システム稼働中にメモリに載らなくなった情報が置かれる)

パーティション毎の役割を把握して、各パーティションに割り当てるサイズを検討する必要があります。
例えば、下記のようにサイズを決めます。

  • アプリケーションを多くインストールシステムでは /usr パーティションにサイズを多く割り当てる。
  • サイズが大きい一時ファイルを利用する、または、数多くの一時ファイルを作成するようなシステムでは /tmp パーティションにサイズを多く割り当てる。

選択肢を見ていきます。

  1. /boot
    /bootはLinuxを起動するためのものなので、誤りです。
  2. /home
    /homeはユーザのホームディレクトリ用のパーティションなので、誤りです。
    ユーザが多く存在したり、ホームディレクトリに大量のファイルが置かれる場合は、ここに容量を多く割り当てるといいでしょう。
  3. /var
    今回は多くのログを保存したいので、正しい選択肢です。
  4. swap
    swapはメモリのスワップ用のパーティションなので、誤りです。

各種パーティションの役割を理解して、適切にパーティションを区切れるようにしましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部 徳武竜太

ページトップへ