LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題334高可用クラスタ管理

334.2 ロードバランスクラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は304試験の試験範囲から「334.2 ロードバランスクラスタ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.2 ロードバランスクラスタ>
重要度     6

<説明>
・LVSのインストール、設定、保守、トラブルシュートについて知っている。
 (keepalived と ldirectordの設定と使用についても含む。)
・HAProxyのインストール、設定、保守、トラブルシュート以上のことができる。
    
<主要な知識範囲>
・LVS / IPVSの理解
・VRRPの基本知識
・keepalivedの設定
・ldirectordの設定
・バックエンドサーバのネットワーク設定
・HAProxyの理解
・HAProxyの設定

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ipvsadm
・syncd
・LVS フォワーディング (NAT, Direct Routing, Tunneling, Local Node)
・接続スケジューリングアルゴリズム
・keepalived 設定ファイル
・ldirectord 設定ファイル
・genhash
・HAProxy 設定ファイル
・ロードバランスアルゴリズム
・ACL

■例題
HAProxyの説明として誤っているものを選択してください。

1. HAProxyは、OSI参照モデルのレイヤー7のロードバランサとして動作できる
2. HAProxyは、SMTPやIMAPなどのロードバランサとしても動作する
3. HAProxyは、SSL/TLS通信に対応していない
4. HAProxyは、統計情報をWEBインタフェースで参照することができる

※この例題は実際の試験問題とは異なります。
 


解答と解説

答えは「3. HAProxyは、SSL/TLS通信に対応していない」です。

まずHAProxyの概要について解説します。
HAProxyは、HTTPに代表されるTCPサービスのロードバランサ・リバースプロキシとして動作するソフトウェアです。
OSI参照モデルのレイヤー7(アプリケーション層)で処理を行います。つまりプロトコルの内容を理解して、処理を行うことができます。具体的には以下のようなことが可能です。

・HTTPやSMTPなどのプロトコルを利用したヘルスチェック
・クッキーやHTTPヘッダ、接続先のURIによってアクセスの振り分け先サーバを変える

次にそれぞれの選択肢の解説です。

「1. HAProxyは、OSI参照モデルのレイヤー7のロードバランサとして動作できる」

この選択肢は、上記の説明の通りです。
HAProxyは、OSI参照モデルのレイヤー7のロードバランサとして動作可能です。

「2. HAProxyは、SMTPやIMAPなどのロードバランサとしても動作する」

HAProxyはHTTP以外にも、SMTPやIMAPなどのTCPベースのプロトコルのロードバランサとして動作することができます。MySQL、PostgreSQLなどのロードバランサとしても利用できます。

「3. HAProxyは、SSL通信に対応していない」

この選択肢は、誤りです。
HAProxyは、バージョン1.5からSSL通信に対応しています(現在の安定最新バージョンは1.79)。
クライアントとHAProxy間のみでSSL通信を行ない、HAProxyとバックエンドサーバ間はプレーンな接続を行うことで、バックエンドサーバでSSL処理を行う負荷を減らすことができます。

「4. HAProxyは、統計情報をWEBインタフェースで参照することができる」

HAProxyは、統計情報をWEBインタフェースで参照することができます。
参照できる主な情報としては、HAProxyが起動してからのアクセス数や、各サーバの状態(稼働・停止など)があります。またWEB以外にも、コマンドラインから統計情報を確認する方法もあります。

HAProxyは、2001年にリリースされた比較的古いソフトウェアですが、現在でも機能追加が行われています。新しい機能が追加されていくので、公式サイトの情報をチェックしておきましょう。

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

ページトップへ