LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題334高可用クラスタ管理

334.2ロードバランスクラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 304試験の試験範囲から「334.2 ロードバランスクラスタ 」についての例題を解いてみます。

このテーマは、keepalived/HAProxyなどの設定/構築・制御・トラブルシュートに関する内容が含まれ、その知識はベンダーから販売されているロードバランサー製品にも応用できます。
重要度も高い範囲ですので、テスト対策としてもしっかりと学習しておきましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

keepalived.confにおいて、仮想IPアドレスを指定するパラメータはどれか。

  1. vip
  2. virtual_ipaddress
  3. virtual_address
  4. virtual_ip_address

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2.virtual_ipaddress」です。

keepalived.confでは、以下のブロックに設定を行っていきます。

global_defs:全体設定
vrrp_instance:仮想IPアドレス

そして、vrrp_instanceブロックで以下のパラメータなどを設定します。

interface:対象インターフェイス
virtual_router_id:仮想ルータ識別子
priority:優先度
authentication:認証情報
virtual_ipaddress:仮想IPアドレス

keepalived.confの詳細については、以下で確認ができます。
https://manpages.debian.org/unstable/keepalived/keepalived.conf.5.en.html

また、設定する場合にはVRRPに関する知識もあるとより良いです。
https://tools.ietf.org/html/rfc5798

keepalived(HAProxy)を使ったロードバランサーを構築してみたので、よろしければ学習の参考にしてください。
https://www.opensourcetech.tokyo/entry/20200805/1596611637


例題作成者

鯨井 貴博
(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ