LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.09HTTPサーバーとプロキシサーバー

2.09.1Apache HTTPサーバーの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 202試験の試験範囲から「2.09.1 Apache HTTPサーバーの設定と管理」についての例題を解いてみます。
このテーマは、Apacheの設定と管理に関する内容が含まれます。Apacheはサーバ構築の際に利用されることが多く、実践への活用も出来ますのでしっかりと学習しておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

Apacheの設定(httpd.conf)において、アクセスログの設定を行うディレクティブはどれか。

  1. AccessLog
  2. CustomLog
  3. ErrorLog
  4. FailLog

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2.CustomLog」です。

CustomLogは、Apacheへのアクセスログ収集のために使われ、ログフォーマットの指定も可能です。
なお、ログフォーマットはLogFormatディレクティブで記載することもできます。

また、ErrorLogディレクティブはエラーログ収集の為に使われるディレクティブとなり、LogLevelディレクティブで記録するログレベルを指定できます。AccessLog・FailLogというディレクティブは存在しません。

今回紹介したディレクティブの詳細は、以下で確認することができます。
https://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/mod_log_config.html#customlog
https://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/mod_log_config.html#logformat
https://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/core.html#errorlog

その他のディレクティブについては、以下の一覧から概要・使用方法を確認できます。
https://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/directives.html


例題作成者

鯨井 貴博(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ