LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題207ドメインネームサーバ

207.2 DNSゾーンの作成と保守

このエントリーをはてなブックマークに追加
202試験の試験範囲から「207.2 DNSゾーンの作成と保守」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<207.2 DNSゾーンの作成と保守>
重要度     3

<説明>
正引きおよび逆引きのゾーンファイルまたはルートレベルサーバのゾーンファイルを作成する。
これには、レコードに適切な値を設定すること、ホストをゾーンに追加すること、ゾーンをDNSに追加することも含まれる。また、他のDNSサーバにゾーンの委任を行うことも含まれる。

<主要な知識範囲>
・BIND 9の設定ファイル、用語、ユーティリティ
・DNSサーバに情報を要求するためのユーティリティ
・BINDゾーンファイルのレイアウト、内容、ファイル配置
・逆引きゾーンを含む、ゾーンファイルに新しいホストを追加するさまざまな方法

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/var/named/*
・ゾーンファイルの書式
・リソースレコードの書式
・named-checkzone
・named-compilezone
・masterfile-format
・dig
・nslookup
・host

■例題
nslookupコマンドで、ホスト名に対するIPv6のIPアドレスを調べる際に使用するオプションは何か。

※この例題は実際の試験とは異なります。


解答と解説

答えは「-type=AAAA」 です。

nslookupでは、-typeオプションで名前解決を行うDNSレコードを指定し、IPv6ではAAAA(クアッドエーと読む)を指定します。

nslookupコマンドの使用方法
 nslookup [オプション] ホスト名 [使用サーバ]

実際の使用例
 bash$ nslookup -type=AAAA www.kantei.go.jp
 Server:        8.8.8.8
 Address:    8.8.8.8#53
 
 Non-authoritative answer:
 www.kantei.go.jp    has AAAA address 2001:240:1e00:1021::10
 

AAAA(IPv6)の他には、以下のものが指定できます。
 A:IPv4のIPアドレス
 ns:ネームサーバ
 mx:メールサーバ
 txt:テキストレコード
 cname:別名(エイリアスとも呼ぶ)
 ptr:逆引き(IPアドレスからホスト名を検索)

また、hostコマンドやdigコマンドでも名前解決は可能ですので、併せて学んでおくと良いでしょう。

■例題解説提供者
LPI-Japanアカデミック認定校「Zeus IT Camp」LPICレベル3認定者 鯨井 貴博 氏

ページトップへ