LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題335高可用クラスタストレージ

335.1DRBD / cLVM

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuC 304試験の試験範囲から「335.1 DRBD / cLVM」についての例題を解いてみます。DRBDリソースの設定について確認しておきましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

以下のDRBDリソース設定の説明として間違っているものを一つ選択してください。

resource data {
    on clu01 {
        device        /dev/drbd0;
        meta-disk     /dev/sdb1;
        disk          /dev/sdb2;
        address       10.100.100.10:8800;
    }
    on clu02 {
        device        /dev/drbd0;
        meta-disk     /dev/sdb1;
        disk          /dev/sdb2;
        address       10.100.100.20:8800;
    }
}

  1. DRBDデータ領域デバイスは/dev/drbd0である
  2. clu01が対向デバイスからの接続を待ち受けるIPアドレスは10.100.100.10である
  3. DRBDリソース名はdataである
  4. DRBDメタ領域デバイスは/dev/sdb1である

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. DRBDデータ領域デバイスは/dev/drbd0である」です。

DRBDは、複数のノード間でブロックデバイスの内容を同期する仕組みです。
例えば以下のように、2台のサーバ間でネットワークを経由したディスクミラーリングを行うことができます。

DRBDデバイスへ書き込み 
↓
(clu01)                     (clu02)
/dev/drbd0  ← ネットワーク経由で同期 → /dev/drbd0
↓                                 ↓
↓下位デバイスに書きこみ          ↓下位デバイスに書きこみ 
↓                    ↓
/dev/sdb2                        /dev/sbd2 

このようにネットワーク越しにディスクデバイスの同期を行うためには、例題にあるようなDRBDリソース設定を行う必要があります。

resource data {
    on clu01 {
        device        /dev/drbd0;
        meta-disk     /dev/sdb1;
        disk          /dev/sdb2;
        address       10.100.100.10:8800;
    }
    on clu02 {
        device        /dev/drbd0;
        meta-disk     /dev/sdb1;
        disk          /dev/sdb2;
        address       10.100.100.20:8800;
    }
}

設定項目について解説します。

resourceセクションは、DRBDリソースの名前を決定し、リソースを構成するノードの情報をまとめるためのセクションです。onセクションは、クラスタを構成するノードの情報を定義するセクションです。例題では、clu01とclu02の二つのノードの情報が記載されています。
ノードの情報として設定されている内容は以下の通りです。

deviceDRBDデバイス名
meta-diskDRBDのデバイスサイズや同期情報を保存するためのメタ領域デバイス
diskDRBDデバイスの下位デバイスになるデータ領域デバイス
addressホストがDRBDのデータ同期を行う際に利用する、対向デバイスからの接続を待ち受けるためのIPアドレスとポート番号

それでは、選択肢を見ていきます。

1.DRBDデータ領域デバイスは/dev/drbd0である
間違っています。

今回は、間違っている選択肢をこたえる問題ですので、答えは[1]となります。
DRBDデータ領域デバイスは、「disk」に設定されている「/dev/sdb2」です。

2.clu01が対向デバイスからの接続を待ち受けるIPアドレスは10.100.100.10である
正しいです。

clu01が対向デバイスであるclu02からの接続を待ち受けるIPアドレスは、「on clu01」セクションの中にある「address」に設定されています。

3.DRBDリソース名はdataである
正しいです。

DRBDリソース名は、resourceセクションで指定します。

4.DRBDメタ領域デバイスは/dev/sdb1である
正しいです。

DRBDメタ領域デバイスは、「meta-disk」に設定されています。

データの可用性を求められるサーバなどでは、データを二重化できるDRBDは非常に有効です。どのセクションに何を設定するのか再度確認し、設定できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ