LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.01システムの起動とLinuxカーネル

2.01.5カーネル実行時における管理とトラブルシューティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 201試験の試験範囲から「2.01.5 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング 」についての例題を解いてみます。
このテーマは、カーネルモジュールの利用をカスタマイズする・トラブルシュートするなど汎用性の高い内容が含まれます。実践においても、Linux(OS)のインストール時のパラメータ指定する・新たな接続したデバイスをLinuxに認識させる、という場合などに活用することができるので、しっかりと把握しておきましょう。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

/etc/modprobe.d/配下のkernel.confにおいて、qedeというモジュールをブートプロセス中に読み込まないようにしたい。
以下のどれを記述すればよいか、選択せよ。

  1. remove qede
  2. blacklist qede
  3. options qede
  4. install qede
  5. alias qede

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2.blacklist qede」です。

/etc/modprobe.d/配下のxxx.confという名前のファイルでは、Linux kernelブート時に読込などの処理が行われるモジュールのカスタマイズを行うことが出来ます。

例えば、kernel.confというファイルにおいてqedeモジュールを読み込まない場合、以下のように記述します。

blacklist qede

この設定は、そのモジュールに関連するハードウェアが不要な場合や、モジュールをロードすると問題が発生する場合(2つのカーネルモジュールが同じハードウェアを制御しようとするなど)などに使用します。

なお、Grub2(bootloader)で一時的に読み込まないようにする場合、「modprobe.blacklist=qede」をパラメータとして追記します。

また、blacklist以外には、以下のコマンドが利用できます。

removemodprobe -r(モジュールの削除)を実行した際に、記述したものが実行される
optionsモジュールにオプションを追加する
install通常モジュールが呼び出される処理の代わりに、記述したものが実行される
aliasモジュールに別名を付ける

より詳細な情報は、以下で確認できます。
http://manpages.ubuntu.com/manpages/bionic/ja/man5/modprobe.conf.5.html


例題作成者

鯨井 貴博
(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ