LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.09重要なシステムサービス

1.09.3メール配送エージェント(MTA)の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル1 102試験の試験範囲から、「1.09.3 メール配送エージェント(MTA)の基本」についての例題を解いてみます。
今回は、エイリアス設定について確認しておきましょう。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

rootユーザに届いたメールをlinucユーザに転送する場合の/etc/aliasesへの設定について正しいものを選択してください。

  1. root linuc
  2. linuc root
  3. root: linuc
  4. linuc: root

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. root: linuc」です。

/etc/aliasesファイルは,メールのエイリアス(別名)を行う設定ファイルです。
Postfixやeximなどのメールエイリアスで/etc/aliasesファイルを利用することが可能です。

ファイル内の書式は以下のようになります。

転送元: <転送先>又は<配送先>

<転送先>には以下の例のように指定することが可能です。

ユーザ名
info: username
info宛に届いたメールを「username」宛に転送します
メールアドレス
info: mail@domain.com
info宛に届いたメールを「mail@domain.com」宛に転送します

<配送先>には以下のように指定することが可能です。

ファイル名
info: /home/test
info宛に届いたメールを「/home/test」ファイルに追加します。(ファイル名は絶対パスで指定する必要があります。)
プログラム名
info: "/lib/testprogram"
info宛に届いたメールを「/lib/testprogram」に渡します。(プログラム名は絶対パスでしてする必要があります。)

aliase設定を反映させるには以下のコマンドを実行します。

# newaliases

その他の選択肢について解説します。

1. root linuc
誤りです。
/etc/aliasesファイルの書式は転送元: 転送先です。 半角スペースではなく「:」で設定します。

2. linuc root
誤りです。
/etc/aliasesファイルの書式は転送元: 転送先です。半角スペースではなく「:」で設定します。

4. linuc: root
誤りです。
「linuc」宛のメールを「root」に転送するという設定になります。

メールを転送する設定はよく使われるので、設定方法を確認しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部 石﨑優真

ページトップへ