LinuCレベル2 202試験の例題と解説

主題2.11ファイル共有サービス

2.11.1Sambaの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 202試験の試験範囲から「2.11.1 Sambaの設定と管理」についての例題を解いてみます。
このテーマは、Sambaサーバを設定・運用・トラブルシュートすることが出来る知識が問われます。Sambaはファイル共有サーバ・プリントサーバ・AD認証などWindows環境との共存のための機能をしており、実践の場においてもよく利用されているので、しっかりと理解しておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

smbd, nmbd, winbinddの役割として間違っているものはどれか。

  1. smbdは、Windows クライアントにファイル共有と印刷サービスを提供するサーバーデーモンである
  2. nmbdは、Windowsクライアントなどの SMB/CIFS クライアントによるNetBIOS over TCP/IP のネームサービスのリクエストを認識し、 応答することができるサーバーである
  3. winbinddは、NSS (ネームサービススイッチ) 機能を提供する
  4. smbdでは、139/tcp・445/tcpが使われる
  5. nmdbでは、137/tdp・138/tdpが使われる

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「5.nmdbでは、137/tdp・138/tdpが使われる」です。

正しくは、「nmdbでは、137/udp・138/udpが使われる」となります。

Sambaサービスは、smbd・nmbd・winbinddという複数の機能で構成されています。

それぞれの役割は、以下となります。

smbdWindows クライアントにファイル共有と印刷サービスを提供
nmbdWindowsクライアントなどの SMB/CIFS クライアントによる NetBIOS over TCP/IP のネームサービスのリクエストを認識し、 応答することができるサーバー
winbinddNSS (ネームサービススイッチ) 機能、Windows環境との認証統合機能を提供

Windowsとの混在環境でLinuxにWindowsのふりをさせる、そんなことを実現してくれます。

なお、多機能であるゆえに設定パラメータや通信ポートが多かったり、構築運用時にはLinuxのセキュリティモジュール(SELinuxなど)やファイアウォール(iptablesやfirewalld)設定など考慮する必要があるのも特徴です。

Sambaの詳細については、以下で確認できます。

https://www.samba.org/
http://www.samba.gr.jp/


例題作成者

鯨井 貴博
(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ