LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題1.03GNUとUnixのコマンド

1.03.5エディタを使った基本的なファイル編集の実行

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル1 101試験の試験範囲から、「1.03.5 エディタを使った基本的なファイル編集の実行」についての例題を解いてみます。今回はviでの基本的な操作について取り上げます。
viでの操作を正しく行えるか確認しておきましょう。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

viでファイルを編集している時、編集後に保存せず終了したい。
適切なものを選択してください。

  1. :wq
  2. :q!
  3. /q!
  4. /wq

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2. :q!」です。

「:q」はviを終了します。
但し、「:q」はファイル内に変更があった場合は終了することが出来ません。ファイルに変更があった場合でも保存せず強制的に終了したい場合、「:q!」を実行します。

その他の選択肢について解説します。

1. :wq
「:w」はファイルを保存します。「:wq」はファイルを保存して終了します。
よって、誤りです。

3. /q!
「/」はファイルの中身から特定の文字を検索します。「/q!」は「q!」という文字列をファイルから検索します。
よって、誤りです。

4. /wq!
「/wq!」は「wq!」という文字列をファイルから検索します。
よって、誤りです。

viはLinuxの標準エディタとしてよく使われます。viの基本操作を確認しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット ソリューション開発部 石﨑優真

ページトップへ