LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題1.02ファイル・ディレクトリの操作と管理

1.02.3ハードリンクとシンボリックリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は101試験の試験範囲から、「1.02.3 ハードリンクとシンボリックリンク」についての例題を解いてみます。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

ハードリンク、シンボリックリンクに関する説明として正しいものを選びなさい。

  1. ハードリンクを削除すると必ずファイルの実体が削除される
  2. ハードリンクは別のファイルシステム上のファイルに対して作成することができる
  3. シンボリックリンクを削除するとリンク元の実体も削除される
  4. シンボリックリンクはリンク元の実体を移動すると参照できなくなる

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「4. シンボリックリンクはリンク元の実体を移動すると参照できなくなる」です。

シンボリックリンクはリンク元の実体の場所を情報としてもっています。
その情報を元に、リンク元のファイルやディレクトリを参照しています。
そのため、ファイルやディレクトリの移動によりリンク元の実体の場所が変わってしまうと参照ができなくなってしまいます。

ハードリンク、シンボリックリンクの機能や特徴は以下です。

・ハードリンク:
  ハードリンクはlnコマンドをオプション無しで実行することで作成することができます。

  ln リンク元のファイル名 ハードリンク名

  ハードリンクは、iノードの仕組みを用いて、複数のファイル名で一つのファイルの実体を共有することができます。
  iノードはファイルシステムごとに管理されているため、別のファイルシステム上のファイルに対して作成することはできません。
  ハードリンクを削除しても他のハードリンクが残っている場合は、ファイルの実体は削除されることはありません。
  また、スーパーユーザ以外のユーザはlnコマンドを使ってハードリンクをディレクトリに対して作成することはできません。

・シンボリックリンク:
  シンボリックリンクはlnコマンドにオプション-sを指定し、実行することで作成することができます。

  ln -s リンク元のファイル名 シンボリックリンク名

  シンボリックリンクは上でも説明したとおり、リンク元の実体の場所を情報として持っています。
  ハードリンクとは違い、ファイルシステムをまたいで作成することも可能です。
  シンボリックリンクを削除してもリンク元のファイルの実体が削除されることはありません。
  また、ディレクトリに対してもシンボリックリンクを作成できます。

ハードリンクとシンボリックリンクの機能や特徴について、抑えておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏

ページトップへ