LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題390OpenLDAP の設定

390.3OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 300試験の試験範囲から「390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング」についての例題を解いてみます。
OpenLDAPのインデックスについて確認しておきましょう。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

OpenLDAPのslapd.confファイルにインデックスを設定したい。
uidNumber属性を持つすべてのエントリの検索を効率的に行うためのインデックスの指定方法として正しいものを選択してください。

  1. index uidNumber pres
  2. index uidNumber sub
  3. index uidNumber eq
  4. index uidNumber approx

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. index uidNumber pres」です。

OpenLDAPでは、インデックスを作成することでデータ検索を高速化することができます。インデックス設定として指定できる種類は以下の通りです。

pres値の存在を検索するインデックスを作成
sub値と部分一致するエントリを検索するインデックスを作成
eq値と完全一致するエントリを検索するインデックスを作成
approx近似値を検索するインデックスを作成

OpenLDAPでインデックスを作成するには、2つの方法があります。

  • LDIF形式で設定
  • slapd.confに設定

例題のように、slapd.confファイルでインデックス設定をした場合、slapindexコマンドを用いてインデックスを作成する必要があります。

それでは、選択肢を見ていきます。

1.index uidNumber pres
正解です。
「pres」を指定した場合、「uidNumber=*」のように属性を持つすべてのエントリを検索するインデックスを作成することができます。

2.index uidNumber sub
誤りです。
「sub」を指定した場合、属性の値が部分一致するエントリを検索するインデックスを作成します。

3.index uidNumber eq
誤りです。
「eq」を指定した場合、属性の値が完全一致するエントリを検索するインデックスを作成します。

4.index uidNumber approx
誤りです。
「approx」を指定した場合、属性の値に近似マッチするエントリを検索するインデックスを作成します。

頻繁に使用する検索条件ではインデックスを設定することで、検索を効率よく行うことができるようになります。適切に設定できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ