LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.04システムの保守と運用管理

2.04.1makeによるソースコードからのビルドとインストール

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 201試験の試験範囲から「2.04.1 makeによるソースコードからのビルドとインストール」についての例題を解いてみます。
ここでは、ソースコードを展開方法について確認しておきましょう。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

files_oss-1.0.0.zip というソースコードを展開するコマンドとして正しいものを全て選択してください。

  1. gzip files_oss-1.0.0.zip
  2. gunzip files_oss-1.0.0.zip
  3. unzip files_oss-1.0.0.zip
  4. gzip -d files_oss-1.0.0.zip

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. unzip files_oss-1.0.0.zip」です。

圧縮されているファイルを解凍するには、圧縮形式に合わせたコマンドを使用する必要があります。
ファイル拡張子が.zipのファイルは、zip形式で圧縮されたファイルです。zip形式で圧縮されたファイルを解凍するには、unzipコマンドを使用します。unzipコマンドは、アーカイブされた圧縮ファイルの解凍も可能です。

選択肢3のコマンドを実行した場合、以下のように圧縮されたファイルがカレントディレクトリに解凍されます。

$ unzip files_oss-1.0.0.zip
Archive:  files_oss-1.0.0.zip
   creating: files_oss/
  inflating: files_oss/news.php
  inflating: files_oss/opensearch.php
  inflating: files_oss/add.php
  inflating: files_oss/login.php
 :

それでは、選択肢を見ていきます。

1.gzip files_oss-1.0.0.zip
誤りです。

gzipコマンドは、ファイルの圧縮を行うコマンドです。選択肢のコマンドを実際に実行すると以下のようになります。

元のファイルを確認
$ ls
files_oss-1.0.0.zip

$ gzip files_oss-1.0.0.zip

gzipコマンド後のファイルを確認
$ls
files_oss-1.0.0.zip.gz

このようにgzipコマンドを実行すると、指定されたファイルがgzip形式で圧縮され、.gz拡張子のファイルに置き換えられます。なお、gzipコマンドはファイルをまとめるアーカイブ機能はないため、ディレクトリを圧縮したり複数ファイルをまとめて圧縮することはできません。

2.gunzip files_oss-1.0.0.zip
誤りです。

gunzipコマンドは、gzip形式で圧縮されたファイルを解凍するコマンドです。
今回は、.zip拡張子のzip形式で圧縮されているファイルを解凍する問題のため、不正解です。

3.unzip files_oss-1.0.0.zip
正解です。

unzipコマンドは、zip形式で圧縮された.zip拡張子のファイルを解凍することができます。よって正解となります。

4.gzip -d files_oss-1.0.0.zip
誤りです。

gzipコマンドは、ファイルの圧縮を行うコマンドですが、-dオプションを指定すると引数に指定したファイルを解凍することができます。しかしgunzip同様、解凍することのできるファイルは、gzip形式で圧縮されたファイルとなります。
.zip拡張子のzip形式で圧縮されているファイルを解凍することはできないため不正解です。

ソースコードの圧縮形式は様々です。圧縮形式に合わせて正しく解凍できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ