LinuCレベル1 102試験の例題と解説

主題1.08システム管理

1.08.1アカウント管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル1 102試験の試験範囲から「1.08.1 アカウント管理」についての例題を解いてみます。ユーザアカウントの作成に必要なコマンドについて確認しておきましょう。

Linucレベル1 102試験 出題範囲


例題

「useradd -m」コマンドを用いてユーザ追加を行います。
ユーザ追加を行う際、追加するユーザのホームディレクトリ配下に、自動的にworkディレクトリを作りたい場合の操作を選択しなさい。

  1. /etc/profileにディレクトリを作成するようにmkdirコマンドを記述しておく
  2. /etc/skelディレクトリ配下にworkディレクトリを作っておく
  3. useraddのオプションでworkディレクトリを作成するように指定する
  4. 自動的にworkディレクトリを作成することはできない

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2. /etc/skelディレクトリ配下にworkディレクトリを作っておく」です。

useraddコマンドは、指定したオプションやデフォルトの設定値を元に、新規ユーザを作成するコマンドです。-mオプションを使用すると、ユーザのホームディレクトリが存在しない場合、自動的にホームディレクトリを作成します。
/etc/login.defsに「CREATE_HOME yes」が設定されていれば、-mオプションなしでもホームディレクトリは作成されます。この設定の有無はディストリビューションによって異なります。

/etc/skelディレクトリ配下のファイルやディレクトリは、useraddコマンドで作成したユーザのホームディレクトリに自動で配置されます。例えば、ユーザのホームディレクトリには「.bash_profile」や「.bashrc」などの初期から配置されているファイルがあります。
これらのファイルは、/etc/skelディレクトリ配下に配置されたひな型をコピーすることで自動的に配置されます。

選択肢の解説は以下です。

「1. /etc/profileにディレクトリを作成するようにmkdirコマンドを記述しておく」
誤りです。
/etc/profileはsh系(sh,bash,ksh,zsh等)のシェルを使用しログインした際に読み込まれる設定ファイルです。

「2. /etc/skelディレクトリ配下にworkディレクトリを作っておく」
正解です。
/etc/skelディレクトリ配下に配置されたファイルやディレクトリはホームディレクトリに自動で作成されます。

「3. useraddのオプションでworkディレクトリを作成するように指定する」
誤りです。
useraddのオプションでは、作成することができません。

「4. 自動的にworkディレクトリを作成することはできない」
誤りです。
/etc/skelディレクトリ配下にファイルを作成することで可能です。

/etc/skelディレクトリについて理解し活用できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 上野 貴博

ページトップへ