LinuCレベル2 201試験の例題と解説

205.2 高度なネットワーク構成

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は201試験の試験範囲から「205.2 高度なネットワーク構成」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<205.2 高度なネットワーク構成>
重要度 4

<説明>
ネットワークデバイスを設定し、さまざまなネットワーク認証方法を実装する。これには、マルチホームのネットワークデバイスの設定、VPNクライアントの設定、および通信の問題解決も含まれる。

<主要な知識範囲>
* ルーティングテーブルを操作するユーティリティ
* Ethernetネットワークインターフェイスを設定および操作するユーティリティ
* ネットワークデバイスの状態を分析するユーティリティ
* TCP/IPのトラフィックを監視および分析するユーティリティ

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
* ip
* ifconfig
* route
* arp
* ss
* netstat
* lsof
* ping, ping6
* nc
* tcpdump
* nmap

■例題
オープンされているソケットのうち、すべての接続待ち(LISTEN)のソケットのみを表示するにはどうすればよいですか?

1. netstat -a
2. netstat -l
3. netstat -n
4. netstat -p

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは2. netstat -l です。

netstatは、ネットワーク接続、経路テーブル、インターフェースの状態、マスカレード接続、
netlink メッセージ、マルチキャストのメンバーシップを表示するコマンドです。

netstatコマンドを引数無しで実行すると、オープンされているソケットの一覧を表示します。
さらに以下のオプションで、ソケット一覧の表示条件を指定できます。

  -a  接続待ち状態にあるソケットも、接続待ち状態にないソケットも表示する。
  -l  接続待ち(LISTEN)状態にあるソケットのみを表示する。
  -n  ホスト・ポート・ユーザーなどの名前を解決せずに、数字のアドレスで表示する。
  -p  各ソケットが属しているプログラムの PID と名前が表示される。

netstatコマンドはソケット一覧の表示以外にも、以下の情報を表示できます。

  -r  カーネルの経路テーブルを表示する。
  -i  全てのネットワークインターフェースの状態テーブルを表示する。
  -s  各プロトコルの統計情報の一覧を表示する。

ネットワーク接続やソケットの状態を確認するコマンドについて把握しておきましょう。

■例題作成者
株式会社デージーネット OSS研究室 後藤慎司

ページトップへ