LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題335高可用クラスタストレージ

335.2クラスタファイルシステム

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 304試験の出題範囲から「335.2 クラスタファイルシステム」についての例題を解いてみます。このテーマは、クラスタファイルシステム(GFS2/OCFS2)に関する理解や操作方法などが含まれます。
重要度も3と高いので、コマンドを実行するなど実機での操作をして理解を深めましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

以下のコマンドのうち、GFS2ファイルシステムにジャーナルを追加するものはどれか。

  1. gfs2_tool
  2. gfs2_grow
  3. gfs2_edit
  4. gfs2_jadd

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4.gfs2_jadd」です。

GFS2ファイルシステムは、複数のノード間でデータの一貫性を管理するためのクラスタファイルシステムです。

gfs2_***という体系のコマンドを使用し、ファイルシステムの操作を行います。

gfs2_jadd:
 GFS2ファイルシステムにジャーナルを追加する
gfs2_grow:
 GFS2ファイルシステムの領域を拡張する
gfs2_edit:
 GFS2ファイルシステムの検査・編集などを行う
gfs2_quota:
 GFS2ファイルシステムのディスククォータを操作する
mkfs.gfs2:
 GFS2ファイルシステムを作成する
mount.gfs2:
 GFS2ファイルシステムをマウントする

なお、gfs2_toolというコマンドはありません。

また、ジャーナルとはファイルシステムの更新内容を記録し、システム障害時には記録された情報から復旧などに使われます。

GFS2については、以下で詳細を確認することができます。
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/global_file_system_2/ch-overview-gfs2

gsf2コマンドのマニュアルは、以下で確認できます。
https://linux.die.net/man/8/gfs2
https://linux.die.net/man/8/gfs2_edit
https://linux.die.net/man/8/gfs2_grow
https://linux.die.net/man/8/gfs2_jadd


例題作成者

鯨井 貴博(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ