LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題334高可用クラスタ管理

334.3フェイルオーバークラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 304試験の試験範囲から「334.3 フェイルオーバークラスタ」についての例題を解いてみます。今回はクラスタリソースの制御に関する例題です。様々なリソースの制御方法について覚えましょう。

Linucレベル3 304試験 出題範囲


例題

フェイルオーバークラスタにおいて、すべてのクラスタノードでPING監視を実行するように設定したい。この場合の説明として、正しいものをひとつ選択してください。

  1. location を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する
  2. colocation を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する
  3. clone を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する
  4. order を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. clone を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する」です。

pacemakerでは、クラスタリソースをどのノードで起動するのかを決めるための制約を設定することができます。

■location制約
クラスタリソースを起動するノードを制約します。
スコア値を指定すれば、クラスタリソースを起動するノードに優先度を設定することもできます。

location location_nginx nginx \
	rule 200: #uname eq clu02 \
	rule 100: #uname eq clu03 \
	rule -inf: #uname eq clu01

上記の例は、nginxリソースのlocation制約を設定しています。
nginxリソースをclu02またはclu03で起動するように設定しています。clu02とclu03がnginxリソースを起動できる状態の場合、スコア値の高いclu02で起動されます。

スコア値に -inf を指定した場合、そのノードでのリソース起動は禁止されます。
上記の例では、clu01でnginxリソースの起動は禁止されます。

■colocation制約
複数のクラスタリソースを同じノードで起動するように制約します。

colocation colocation_mariadb_nginx inf: mariadb nginx

mariadbリソースとnginxリソースが必ず同じノードで起動されるようになります。

スコア値に inf を指定すると、指定したリソースが同じノードで起動されます。
スコア値に -inf を指定すると、指定したリソースが別のノードで起動されます。

上記の例は、mariadbリソースとnginxリソースを同じノードで起動するように設定しています。

■order制約
クラスタリソースを起動する順序を制約します。

order order_mariadb_nginx inf: mariadb nginx

上記の例は、mariadbリソースとnginxリソースの起動順序を設定しています。mariadbリソース、nginxリソースの順序で起動されます。

スコア値に inf を指定すると、左側→右側の起動順序が強制されます。
スコア値に 0 を指定すると、できる限り左側→右側の順序で起動されるようになります。

■cloneリソース
制約設定の他に、クラスタリソースの起動に関わる設定として clone リソースを使用することができます。cloneリソースを使用すれば、クラスタリソースを複数のノードで同時に起動することができます。

clone clone_pingMonitor pingMonitor

上記の例は、pingMonitorリソースのcloneリソースを作成しています。
この設定を行うと、すべてのクラスタノードで pingMontor リソースが起動されます。

例題の選択肢について解説します。

1. location を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する
誤りです。
location制約は、クラスタリソースの起動するノードを指定するための制約です。

2. colocation を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する
誤りです。
colocation制約は、クラスタリソースの同じノードで起動するための制約です。

3. clone を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する
正解です。
clone リソースの設定を行えば、リソースをすべてのノードで起動することができます。

4. order を使用して、全ノードにPING監視のリソースを配置する
誤りです。
order制約は、クラスタリソースの起動順序を指定するための制約です。

pacemakerのcloneリソース設定、location/colocation/order制約について理解し、クラスタサービスを正しく配置できるようになりましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 大野 公善

ページトップへ