LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.01システムの起動とLinuxカーネル

2.01.2システム起動のカスタマイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 201試験の出題範囲から「2.01.2 システム起動のカスタマイズ」についての例題を解いてみます。
ここでは、サービスの起動状況について確認しておきましょう。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

起動中のサービスのみを一覧表示できるコマンドを一つ選択してください。

  1. systemctl status all
  2. systemctl status service
  3. systemctl list-unit-files -t service
  4. systemctl list-units -t service

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「4. systemctl list-units -t service」です。

systemctlコマンドはsystemdシステムとサービスマネージャーを制御するためのコマンドです。引数に指定するサブコマンドによってサービスの稼働状況の確認や起動設定を管理することができます。

systemctlコマンドで利用できる主なサブコマンドは以下の通りです。

startサービスを起動する
stopサービスを停止する
restartサービスを再起動する
reloadサービスの設定を再読み込みする
statusサービスの稼働状況を表示する
list-units起動しているすべてのUnitと状態を表示
list-unit-filesすべてのUnitを表示する

それでは、選択肢を見ていきます。

1. systemctl status all
誤りです。
systemctl statusは、引数に指定されたサービスの稼働状況を表示します。
選択肢のコマンドを実行した場合、allというサービスの稼働状況を表示しようとします。なお、--allと組み合わせることで、全てのユニットの状態を表示することが可能です。
起動中のサービス一覧は確認できないため不正解です。

2. systemctl status service
誤りです。
選択肢1で解説した通り、systemctl statusは、引数に指定されたサービスの稼働状況を表示します。選択肢のコマンドを実行した場合「service」というサービスの稼働状況を表示しようとします。
起動中のサービス一覧は確認できないため不正解です。

3. systemctl list-unit-files -t service
誤りです。
引数に指定されている「-t」オプションには、service や socket などのユニットタイプを指定することで、指定したユニットタイプだけを表示することができます。「-t service」とすることでサービスだけを表示することが可能です。
しかし、systemctl list-unit-filesは、すべてのUnitを表示します。そのため、起動していないサービスも一覧に表示されるため不正解です。

4. systemctl list-units -t service
正解です。
systemctl list-unitsは起動しているすべてのUnitと状態を表示します。さらにオプションで「-t service」を指定しているため、起動中のサービスだけを一覧表示することが可能です。
よって正解となります。

解説内で紹介したように、systemctlコマンドは指定するサブコマンドによって動作が変わります。実際に動作させてみて、理解し使えるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ