LinuCレベル1 101試験の例題と解説

主題104デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

104.4 ディスククォータの管理

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は、101試験の試験範囲から、「104.4 ディスククォータの管理」についての例題を解いてみます。ディスク容量やクォータについて確認しておきましょう。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<104.4 ディスククォータの管理>
重要度 1

<説明>
ユーザ用のディスククォータを管理できる。

<主要な知識範囲>
・ファイルシステムにディスククォータを設定する
・ユーザのクオータレポートを編集、確認、生成する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・quota
・edquota
・repquota
・quotaon

■例題
ユーザ自身のディスクの使用量とクォータの状況を表示したい場合に、実行するコマンドを選択してください。

1. quota
2. quotacheck
3. edquota
4. repquota

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「1. quota」です。

クォータとは、ユーザごともしくはグループごとに、ディスク容量の監視および制限を行うための機能です。
ディスクの使用量とクォータの状況を表示するにはquotaコマンドを利用します。

quotaコマンドの主なオプションは以下の通りです。
-u    … ユーザクォータの状況を表示する
-g    … グループクォータの状況を表示する
-v    … 詳細な情報を表示する

ユーザ名を省略した場合は、コマンドを実行したユーザ自身のディスクの使用量とクォータの状況が表示されます。よって「1. quota」が正解となります。

その他の選択肢の解説は以下の通りです。

[2. quotacheck]
quotacheckコマンドは、ファイルシステムを調べてディスク使用量をチェックし、データベースファイルに記録するコマンドです。
データベースファイルが存在しない場合には、新規に作成します。

[3. edquota]
edquotaコマンドは、ユーザクォータまたはグループクォータを設定するコマンドです。

[4. repquota]
repquotaコマンドは、ファイルシステムのクォータ状況を表示するコマンドです。

クォータには、ハードリミットやソフトリミット、猶予期間などのパラメータがあります。ディスクの使用量とクォータの状況の見方や、設定方法についてもしっかり確認しておきましょう。

■例題作成者

ページトップへ