LinuCレベル1 101試験の例題と解説

1.01.3ブートプロセスとsystemd

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル1 101試験の出題範囲から、「1.01.3 ブートプロセスとsystemd」についての例題を解いてみます。
システムのデフォルトターゲットについて確認しておきましょう。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

OS起動時のsystemdのデフォルトターゲットを確認するためのコマンドを一つ選択してください。

  1. systemctl get-default
  2. systemctl status target
  3. systemctl set-default
  4. systemctl default

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. systemctl get-default」です。

systemctlコマンドは、systemdを使用しシステムを管理する際に使用するコマンドです。
systemctlコマンドの書式は以下の通りです。

systemctl [オプション] サブコマンド [ユニットファイル名]

デフォルトターゲットを管理するには、次のサブコマンドを使用します。

get-default デフォルトターゲットの確認
set-default デフォルトターゲットの変更

なお、現在のターゲットを変更するには、以下のサブコマンドを使用します。

default 現在のターゲットをデフォルトターゲットに変更
isolate 現在のターゲットを変更

選択肢の解説は以下です。

1. systemctl get-default
正解です。
get-defaultサブコマンドはデフォルトターゲットの確認を行うことができます。実行すると以下のように表示されます。

# systemctl get-default
multi-user.target

よって正解となります。

2. systemctl status target
誤りです。
statusサブコマンドは、ターゲットではなくサービスの状態を確認する際に使用します。引数には、サービス名を指定することで、以下のように状態を確認できます。

# systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 土 2021-04-24 11:06:47 JST; 6 months 12 days ago
     Docs: man:httpd(8)
           man:apachectl(8)
  Process: 6442 ExecReload=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -k graceful (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 954 (httpd)
   Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic:   0 B/sec"
   CGroup: /system.slice/httpd.service
           tq 954 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           tq5637 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND  
(以下略)
:

OS起動時のsystemdのターゲットを確認することはできないため、不正解となります。

3. systemctl set-default
誤りです。
set-defaultサブコマンドはデフォルトターゲットの変更を行うことができます。

# systemctl set-default graphical.target
Removed /etc/systemd/system/default.target.
Created symlink /etc/systemd/system/default.target → /usr/lib/systemd/system/graphical.target.

get-defaultサブコマンドでデフォルトターゲットを確認すると、変更されていることが分かります。

# systemctl get-default
graphical.target

set-defaultサブコマンドではOS起動時のsystemdのデフォルトターゲットを確認することはできないため、不正解となります。

4. systemctl default
誤りです。
defaultサブコマンドは、現在のターゲットをデフォルトターゲットに切り替えるために利用します。OS起動時のsystemdのデフォルトターゲットを確認することはできないため、不正解となります。

デフォルトターゲットは、システム起動時に適用される重要な設定の一つです。
現在設定されているデフォルトターゲットは何か、確認できるようにしておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本知里

ページトップへ