LinuCレベル3 304試験の例題と解説

主題334高可用クラスタ管理

334.3フェイルオーバークラスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は304試験の試験範囲から「334.3 フェイルオーバークラスタ」についての例題を解いてみます。Pacemakerクラスタで使用するコマンドについて確認していきましょう。
■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<334.3 フェイルオーバークラスタ>
重要度     6
<説明>
Pacemaker クラスタのインストール、設定、保守およびトラブルシュートの経験。
Corosyncの使用を含む。特にCorosync 2.x の Pacemaker 1.1. に重点を置く。
<主要な知識範囲>
・Pacemaker アーキテクチャとコンポーネント (CIB, CRMd, PEngine, LRMd, DC, STONITHd).
・Pacemaker クラスタ設定
・リソースクラス (OCF, LSB, Systemd, Upstart, Service, STONITH, Nagios).
・リソースのルールと制約 (location, order, colocation).
・高度なリソース機能 (templates, groups, clone resources, multi-state resources).
・pcs を使用した Pacemaker の管理
・crmshを使用した Pacemaker の管理
・Pacemakerと使用するcorosyncの設定と管理
・他のクラスタエンジンの認知 (OpenAIS, Heartbeat, CMAN).
<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・pcs
・crm
・crm_mon
・crm_verify
・crm_simulate
・crm_shadow
・crm_resource
・crm_attribute
・crm_node
・crm_standby
・cibadmin
・corosync.conf
・authkey
・corosync-cfgtool
・corosync-cmapctl
・corosync-quorumtool
・stonith_admin
■例題
Pacemakerクラスタのクラスタの現在の状態を表示するコマンドを選択してください。
1. crm_resource
2. crm_standby
3. crm_mon
4. crm_shadow
※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「3. crm_mon」です。

クラスタリソースでのクラスタ構成を管理するには、いくつかコマンドが準備されています。
例題の選択肢について解説します。
1. crm_resource
誤っています。
クラスタリソースに関連するアクションを実行するコマンドです。
リソースの表示、リソースの定義変更、リソースの削除、リソースの開始・停止などが行えます。
2. crm_standby
誤っています。
ノードのスタンバイ属性を操作するコマンドです。
スタンバイモードのノードは、リソースのホスティングができません。そのためこのノード上で現在実行中のリソースはすべて別のノードに移行するか削除する必要があります。
スタンバイモードはリソースのパッケージを更新などの保守作業を行う場合に便利です。
3. crm_mon
正しいです。
crm_monコマンドはクラスタの現在の状態を表示するコマンドです。
ステータスやノード数などの環境設定が表示されいます。
crm_monコマンドの出力結果は、コンソールに表示するだけでなく、モードを指定することでhtmlファイルに書き込むことなども可能です。
4. crm_shadow
誤っています。
ライブクラスタの更新前にSandboxの環境設定変更を実行するコマンドです。
環境設定するためのツール(cibadmin、crm_resourceなど)がライブクラスタではなく、オフラインで動作し、変更のプレビューや二次的なテストができるような環境をセットアップします。 
今回選択肢に上げたコマンド以外にもクラスタ構成を管理するコマンドは複数あります。
それぞれのコマンドの用途を知り、使えるようにしておきましょう。
■例題作成者
ページトップへ