LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題390OpenLDAP の設定

390.1OpenLDAPのレプリケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3 300試験の試験範囲から「390.1 OpenLDAPのレプリケーション」についての例題を解いてみます。
このテーマは、OpenLDAPのレプリケーションに関する内容が含まれます。商用環境での安定運用における重要な要素となるので、しっかりと把握しておきましょう。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

以下のうち、OpenLDAPのレプリケーションに関して正しいものを選択せよ。

  1. refreshAndPersistを設定した場合、OpenLDAPはLDAPクライアントとの間で永続的な接続を維持しようとする。
  2. プロバイダのsyncreplディレクティブで、接続するコンシューマーを指定する。
  3. プロバイダとコンシューマーによるレプリケーションは、PULL型である。
  4. コンシューマーの保持するデータが、プロバイダに複製される。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3.プロバイダとコンシューマーによるレプリケーションは、PULL型である。」です。

OpenLDAPにおいて、保持するデータを他のサーバへ複製することをレプリケーションと呼びます。PULL型のレプリケーションでは、オリジナルデータを持つプロバイダとそのデータの複製を持つコンシューマーでレプリケーションを行います。

コンシューマー側のsyncreplディレクティブにプロバイダ情報を記載し、データを取得するように設定します。また、データの更新の仕方には"refreshOnly"と"refreshAndPersist"があり、それぞれ以下のような動作をします。

refreshOnly:
コンシューマーが定期的にプロバイダとセッションを張り、データ同期する動作

refreshAndPersist:
コンシューマーはプロバイダとセッションを張り続け、リアルタイムにデータ同期する動作

OpenLDAPのレプリケーションについては、以下で詳細が確認できます。
https://www.openldap.org/doc/admin24/replication.html


例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ