LinuCレベル3 300試験の例題と解説

主題390OpenLDAP の設定

390.1OpenLDAPのレプリケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

300試験の試験範囲から「390.1 OpenLDAPのレプリケーション」についての例題を解いてみます。このテーマは重要度3ですが、OpenLDAPで提供されるディレクトリサービスの可用性を高めることができ、実践では有効な手段となるので、しっかり理解しておきましょう。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

OpenLDAPのレプリケーション動作に関する説明のうち、正しいものを1つ選択せよ。

  1. refreshOnlyが設定された場合、セッションの接続維持がされた状態でレプリケーションが行われる。
  2. refreshAndPersistが設定された場合、定期的にセッションを張りデータのレプリケーションが行われる。
  3. ワンショットモードをでslurpdを起動した場合、複製ログを処理するとデーモンが終了する。
  4. syncrepl方式でのレプリケーションでは、マスターサーバからスレーブサーバへLDAPデータの同期要求が行われる。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

答えは「3.ワンショットモードをでslurpdを起動した場合、複製ログを処理するとデーモンが終了する。」です。

ワンショットモードとは、OpenLDAPのレプリケーションのうちslurpdを使用したデータ同期で指定できるモードで、このモードでslurpdを起動した場合、一度複製ログを処理した段階でデーモンが終了します。

なお、現在ではslurpdを使用したレプリケーションではなく、syncrepl方式と呼ばれるレプリケーションを使用するのが一般的です。 syncrepl方式では、マスターサーバをプロバイダ、スレーブサーバをコンシューマーと呼び、コンシューマーからプロバイダへのデータ同期要求が行われます。 また、データ同期のタイプとしてrefreshOnlyが設定された場合、定期的にセッションを張りデータ同期が行われます。 refreshAndPersistが設定された場合、セッションの接続維持がされた状態でレプリケーションが行われます。

冗長構成のOpenLDAPを構築し、実際にレプリケーションをさせることでより理解が深まると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。


例題作成者

鯨井 貴博(LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ