LinuCレベル2 202試験の例題と解説

2.07.1DHCPサーバーの設定と管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 202試験の出題範囲から「2.07.1 DHCPサーバーの設定と管理」についての例題を解いてみます。
このテーマでは、クライアントPCが所属するネットワークにおいてIPアドレスなど通信に必要な情報を取得するDHCPに関する内容が含まれます。
ITの現場ではもちろん、市販のブロードバンドルータなどでも使わている技術ですので、しっかりと把握しておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

以下のdhcpdの設定のうち、MACアドレス "0a:1b:2c:3d:4e:5f"を持つクライアントに10.10.10.100/24のIPアドレスを付与する設定を選択せよ。

1.
host clientpc {
hardware ethernet 0a:1b:2c:3d:4e:5f;
ip-address 10.10.10.100;
}

2.
host clientpc {
hardware ethernet 0a:1b:2c:3d:4e:5f;
fixed-address 10.10.10.100;
}

3.
host clientpc {
hardware ethernet 0a:1b:2c:3d:4e:5f;
static-address 10.10.10.100;
}

4.
host clientpc {
hardware ethernet 0a:1b:2c:3d:4e:5f;
address 10.10.10.100;
}

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2」です。

dhcpdの設定ファイルであるdhcpd.confは、以下のように設定します。

subnet 10.10.10.0 netmask 255.255.255.0 {         
  range 10.10.10.101 10.10.10.200;           #付与するアドレスレンジ指定
  option domain-name-servers 8.8.8.8, 8.8.4.4;    #DNSサーバ指定
  option domain-name "example.local";             #ドメイン名指定
  option routers 10.10.10.1;                      #デフォルトゲートウェイ指定
  option broadcast-address 10.10.10.255;          #ブロードキャストアドレス指定
  default-lease-time 600;                         #デフォルト貸し出し期間指定
  max-lease-time 7200;                            #最大貸し出し期間指定
}

host clientpc {
  hardware ethernet 0a:1b:2c:3d:4e:5f;       #MACアドレス指定
  fixed-address 10.10.10.100;                #付与するアドレス指定
}

dhcpdの設定については、以下で詳細が確認出来ます。
https://linuxjm.osdn.jp/html/dhcp2/man8/dhcpd.8.html


例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ