LinuCレベル2 201試験の例題と解説

主題2.01システムの起動とLinuxカーネル

2.01.3Linuxカーネルの構成要素

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2 201試験の出題範囲から「2.01.3 Linuxカーネルの構成要素」についての例題を解いてみます。このテーマでは、Linuxカーネルの構成要素に関する内容が含まれます。
ハードウェアデバイスを追加して動作させたり、カーネルの機能を拡張させてシステムを構築する際に必要となるので、しっかりと理解しておきましょう。

Linucレベル2 201試験 出題範囲


例題

Linuxカーネルが対応するローダブル・カーネル・モジュールの特徴でないものはどれか。

  1. 動的にカーネル機能を拡張出来る
  2. カーネルイメージのサイズが大きくなる
  3. 独自モジュールの導入が容易になる
  4. modprobeコマンドでモジュールの組み込みや取り外しが可能

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「2.カーネルイメージのサイズが大きくなる」です。

ローダブル・カーネル・モジュールは、Linuxカーネルビルド後に必要に応じて動的にモジュールを組み込んで使用できる仕組みです。

これによって、

  • カーネルイメージのサイズを小さくすることが出来る
  • 動的にカーネル機能を拡張出来る
  • 独自モジュールの導入が容易になる

などのメリットがあります。

モジュールは必要になったタイミングでinsmodやmodprobeコマンドで組み込み、不要となったときにはrmmodやmodprobeコマンドで取り外すことが出来ます。

kubeuser@kubenewmaster1:~$ modprobe br_netfilter

kubeuser@kubenewmaster1:~$ lsmod | grep br_netfilter
br_netfilter           28672  0
bridge                176128  1 br_netfilter

カーネルイメージのサイズがどれくらいかというと、
以下の例(Ubuntu 20.04.3 LTS kernel 5.4.0)では約14Mとなっています。

kubeuser@kubenewmaster1:~$ cat /etc/os-release 
NAME="Ubuntu"
VERSION="20.04.3 LTS (Focal Fossa)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.3 LTS"
VERSION_ID="20.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=focal
UBUNTU_CODENAME=focal

kubeuser@kubenewmaster1:~$ ls -lh /boot/vmlinuz-5.4.0-100-generic 
-rw------- 1 root root 14M Feb  4 17:04 /boot/vmlinuz-5.4.0-100-generic

例題作成者

鯨井 貴博 (LinuCエヴァンジェリスト/登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

ページトップへ