LinuCレベル2 202試験の例題と解説

2.08.2ゾーン情報の管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル2202試験の出題範囲から「2.08.2 ゾーン情報の管理」についての例題を解いてみます。
ここでは、ゾーンファイルに新しいホストを追加する際の確認方法について確認しておきましょう。

Linucレベル2 202試験 出題範囲


例題

DNSサーバ(BIND)でゾーンファイルの構文と整合性を確認できるコマンドを選択してください。

  1. named-checkzone
  2. host
  3. named-checkconf
  4. dig

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. named-checkzone」です。

named-checkzoneコマンドは、作成したゾーンファイルの構文が正しいか、また整合性のチェックを行うコマンドです。

named-checkzoneコマンドの書式は以下の通りです。

named-checkzone [オプション] ゾーン名 ゾーンファイル

作成したゾーンファイルに問題がある場合、以下のようにエラーが出力されます。

# named-checkzone test.example.com /var/named/test.example.com
zone test.example.com/IN: NS 'dg.test.example.com.test.example.com' has no address records (A or AAAA)
zone test.example.com/IN: not loaded due to errors.

一方問題がない場合は、以下のように「OK」と出力されます。

# named-checkzone test.example.com /var/named/test.example.com
zone test.example.com/IN: loaded serial 2020040900
OK

このように、設定を反映する前に、作成したゾーンファイルの構文や整合性を確認することができます。

それでは選択肢を見ていきます。

1.named-checkzone
正解です。

上記で説明した通り、ゾーンファイルの構文や整合性を確認することができます。

2.host
不正解です。

hostコマンドは、ドメイン名からIPアドレス、またはIPアドレスからドメイン名を調べるコマンドです。

実行すると以下のように表示されます。

# host example.com
example.com has address 93.184.216.34
example.com has IPv6 address 2606:2800:220:1:248:1893:25c8:1946
example.com mail is handled by 0 .

ゾーンファイルの構文や整合性の確認はできないので不正解です。

3.named-checkconf
不正解です。

named-checkconfコマンドは、namedの設定ファイルの書式チェックを行うコマンドです。ファイルが指定されていない場合は、デフォルトで/etc/named.confの書式チェックを行います。

書式に問題がある場合、実行すると以下のように表示されます。

# named-checkconf
/etc/named.conf:59: missing ';' before 'file'

問題がない場合は何も表示されません。

namedの設定ファイルの書式チェックはできますが、ゾーンファイルの構文や整合性の確認はできないので不正解です。

4.dig
不正解です。

digコマンドは、DNSサーバーに問い合わせるコマンドです。hostコマンドのように、ドメイン名からIPアドレスを調べたり、IPアドレスからドメイン名を調べることができます。

実行すると以下のように表示されます。

# dig example.com

; <<>> DiG 9.11.26-RedHat-9.11.26-6.el8 <<>> example.com
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 41246
;; flags: qr rd ra ad; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:
;example.com.                   IN      A

;; ANSWER SECTION:
example.com.            55312   IN      A       93.184.216.34

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.2.8#53(192.168.2.8)
;; WHEN: Wed Mar 16 17:45:58 JST 2022
;; MSG SIZE  rcvd: 56

ゾーンファイルの構文や整合性の確認はできないので不正解です。

ゾーンファイルに新しいホストを追加した場合など、ファイルを追加/変更した際は、設定を反映する前に構文や整合性を確認してから反映するようにしましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ