LinuCレベル3 300試験の例題と解説

392.1Sambaの概念とアーキテクチャ

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル3300試験の出題範囲から「392.1 Sambaの概念とアーキテクチャ」についての例題を解いてみます。
今回は Samba3とSamba4の違いについて確認していきましょう。

Linucレベル3 300試験 出題範囲


例題

Sambaの説明で正しいものをすべて選択してください。

  1. Samba4はsmbd、nmbd、winbinddの3つのプロセスから構成されている。
  2. Samba3はActive Directoryの代替として機能することができる。
  3. Samba3はsmbd、nmbd、winbindの3つのプロセスから構成されている。
  4. Samba4はActive Directoryの代替として機能することができる。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「3. Samba3はsmbd、nmbd、winbinddの3つのプロセスから構成されている。」と「4. Samba4はActive Directoryの代替として機能することができる。」です。

Sambaのバージョン3と4では、構成するプロセスや機能が異なります。

Samba3は、例題にある通りsmbd、nmbd、winbinddの3つのプロセスから構成されています。これらのプロセスにより、Samba3では以下のような機能が提供されます。

  • ファイル共有
  • 印刷サービス
  • 名前解決
  • NTドメイン上のユーザー管理

ファイル共有と印刷サービスは、smbdによってWindowsクライアントに提供されます。名前解決は、NetBIOSネームサービスの要求に応答する、nmbdによって提供されます。nmbdの名前解決は、Sambaサーバーを検索するためにNetBIOS名からIPアドレスを取得するときなどに使用されます。そして、NTドメイン上のユーザー管理は、winbinddによって提供されます。Samba3では、winbinddによってWindows NTドメイン上のユーザーとグループ情報を解決し、Linuxマシン上のLinuxユーザーとして動作させることができます。

一方、Samba4はsmbd、nmbd、winbindの3つのプロセスにsambaプロセスを加えた4つのプロセスから構成されています。Samba4で追加されたsambaプロセスによって、DNSサーバーとLDAPサーバーの機能を包括し、Active Directory(以下AD)の代替として機能できるようなりました。

そのため、Samba4では以下の機能が提供されます。

  • ファイル共有
  • 印刷サービス
  • 名前解決
  • AD互換のドメインコントローラー

さらにSamba4では、ADドメイン内におけるコンピューターの使用環境を制限することのできる「グループポリシー」という機能や、Windowsに備わっているGUIのリモートサーバー管理ツール(RSAT)が利用できるようになりました。

それでは選択肢を見ていきます。

1.Samba4はsmbd、nmbd、winbinddの3つのプロセスから構成されている。
不正解です。

Samba4はsmbd、nmbd、winbindとsambaプロセスの4つのプロセスから構成されています。

2.Samba3はActive Directoryの代替として機能することができる。
不正解です。

Active Directoryの代替として機能することができるのは、Samba4からです。
Samba3では、ADの代替として機能はできません。

3.Samba3はsmbd、nmbd、winbindの3つのプロセスから構成されている。
正解です。

4.Samba4はActive Directoryの代替として機能することができる。
正解です。

現在、Sambaのメジャーバージョンは4ですが、Samba3の機能を引き継いでいる部分も多くあります。
Samba3とSamba4の違いも理解し、利用できるようにしましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本 知里

ページトップへ