LinuCレベル1 101試験の例題と解説

1.02.2基本的なファイル管理の実行

このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuCレベル1 101試験の出題範囲から、「1.02.2 基本的なファイル管理の実行」についての例題を解いてみます。
ファイルやディレクトリのコピー方法について確認しておきましょう。

Linucレベル1 101試験 出題範囲


例題

/home/testuser/srcdirというディレクトリを、/tmpディレクトリにコピーしたい。
srcdirディレクトリのタイムスタンプを変えずに、srcdirディレクトリ配下のディレクトリやファイルも含めてコピーできるコマンドを一つ選択してください。

  1. cp -rp /home/testuser/srcdir /tmp/
  2. cp -r /home/testuser/srcdir /tmp/
  3. cp -i /home/testuser/srcdir /tmp/
  4. cp -ri /home/testuser/srcdir /tmp/

※この例題は実際の試験問題とは異なります。


解答と解説

正解は、「1. cp -rp /home/testuser/srcdir /tmp/」です。

cpコマンドは、ファイルやディレクトリのコピーを行うコマンドです。
書式は以下の通りです。

cp [オプション] SOURCE DEST

SOURCEからDESTへのコピーが行われます。

選択肢の解説は以下です。

1.cp -rp /home/testuser/srcdir /tmp/
正解です。

-rオプションを指定することで、サブディレクトリやファイルも含め、再帰的にディレクトリ全体をコピーすることができます。
また、-pオプションを指定することで、タイムスタンプもコピーすることができます。なお、ルートユーザで実行した場合には、権限、所有者、所有グループもコピーすることができます。
オプションは、「-rp」のようにまとめて指定することが可能です。

よって、srcdirディレクトリのタイムスタンプを変えずに、srcdirディレクトリ配下のディレクトリやファイルも含めてコピーすることができるため、正解となります。

2.cp -r /home/testuser/srcdir /tmp/
誤りです。

-rオプションのみの場合、再帰的にディレクトリ全体をコピーすることができますが、タイムスタンプはcpコマンドを実行した時間となります。
よって、不正解となります。

3.cp -i /home/testuser/srcdir /tmp/
誤りです。

-iオプションは、コピー先に既にファイルが存在する場合、上書きするか確認するメッセージを表示するためのオプションです。
よって、不正解となります。

4.cp -ri /home/testuser/srcdir /tmp/
誤りです。

「-ri」オプションは、-rオプションと-iオプションをまとめて指定しています。-iオプションは、選択肢3でも解説した通り、上書きする場合に確認メッセージを表示するオプションです。
-rオプションにより、再帰的にディレクトリ全体をコピーすることができますが、タイムスタンプまではコピーできないため、不正解となります。

ファイル操作を行う上で、想定した通りにディレクトリやファイルのコピーができるように、オプションも合わせて理解しておきましょう。


例題作成者

株式会社デージーネット OSS研究室 橋本知里

ページトップへ